Youtubeのスクロール動画は収益不可?審査通過ができたという事例は?

youtube,スクロール動画,収益不可

アフィリエイトの中も稼ぎやすいバブルな時代があったYouTubeですが、大きく影響力のあるプラットフォームとして整備されてきてからは徐々に規制が厳しくなってきました。

稼ぎやすい時代はスクロール動画ですぐに収益化が可能であり、ネットビジネス初心者の方でもある程度の報酬を受け取ることができていたのですが、現在ではどんどんハードルが高くなっています。

それもYouTubeの規約変更に伴う『スクロール動画は収益不可?』という傾向がみられているから。

YouTubeでスクロール動画は本当に収益不可なのか、審査が通過できた事例やその特徴はあるのか確認していきましょう。

 

Youtubeのスクロール動画とは?

youtube,スクロール動画,収益不可

出典:YouTube

YouTubeで投稿されているスクロール動画とは、画面上で文字が流れていき、スライドショーのように表示させた上でナレーションやBGMを付けた動画のこと。

『テキスト動画』とも言われていますが、要は『文字だけ』が流てくる(スクロール)されている動画というわけです。

 

このスクロール動画の特徴は、YouTubeやネットビジネス初心者の方でも比較的作成が簡単であり、何より『稼ぎやすい』というものがあります。

というのも、一時期はどこからかか拾ってきた文章を『コピペ』で動画として作成し直し、とにかく量産していれば勝手に稼ぐことができたのです。

もちろん、その他の要素は必要でしたが、ある意味無法地帯だったということ。

それこそ、元2chである5chなどの掲示板のネタを無断転載し、ネット民からは『アフィカス』と言われるようになり、通報も相次いで行われていました。

 

Youtubeのスクロール動画で収益不可に?!原因は?

youtube,スクロール動画,収益不可

毎年大きな規約変更をしているYouTubeですが、2018年もかなり多くのYouTube実践者に影響を与えました。

それによって収益不可の状態になってしまった人が続出。

まずはその原因をみていきましょう。

 

規約変更

まずはこれ。

YouTube実践者の誰もが知っているものではありますが、動画収益化の基準が以下のものに変更になりました。

新たなチャンネルが収益化を有効にするためには過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上であり、かつ、チャンネル登録者数が 1,000 人以上いることが必要となる新しい条件を設けます。

というもの。

  • チャンネル登録者数:1000人以上
  • 過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上

この基準を設け、達成することができていないチャンネルは収益化することはできず、1円も稼ぐことができないのです。

これは実践者なら分かると思いますが、非常にハードルの高い基準であり、今までのようにどんな動画でも誰でも稼げる時代は終わりつつあります。

 

そして、この規約変更はさらに厳格化されている側面があり、これらの基準が『収益不可』を引き起こしている第二の原因ということが言えるでしょう。

今回もっとも注目すべき『スクロール動画の収益不可』の中でも、スクロールに限らず共通している特徴があるとされています。

  • 画像の数が少ない
  • 同じ画像の使い回しが多い
  • 静止画のみの動画
  • 著作権違反

主にこの4つが『収益不可』とされているチャンネルの特徴でもあるのです。

 

テレビや映画の動画を投稿している動画もあれば、スポーツ中継をそのまま投稿して完全に著作権を違反しているチェンネルは、収益不可どころか削除されて当たり前ではありますよね。

芸能や芸能人やスポーツ選手などの画像を勝手に流用して作成された動画も同様です。

 

そして、お伝えしたような共通する特徴を考えてみると、よりクオリティの高い動画が求められているということがはっきりしてきたのです。

逆に言ってしまえば、素人が作るような簡素な動画では、広告を表示するべきではない、という企業側の背景を考えた上でもあります。

そうしてYouTube全体の質を上げることで、世間的にも品質の高い媒体であることをアピールしたいのでしょう。

 

プラットフォームとしての成長

こうした規約変更は、お伝えしたように、媒体として質の高いものとなっていくように整備していることから起こるもの。

質の悪いものは削ぎ落として、良いものを残していく流れ作ることでフィルタリングしているのです。

 

よく企業の『成長曲線』と例えられることが多いようですが、YouTubeも以前は単独で運営されていたただの『サイト』だったわけです。

それが、Googleに買収されたことで、Google側としても『広告収入』が必要となるため、広告主が必要でした。

そのためには、媒体として人が集まってくるようなプラットフォームになっていかなければならず、まずはコンテンツの数を増やす必要がありました。

 

そして、ある程度規約に幅をもたせ、グレーな部分を維持したまま運営を続けていったことで、圧倒的な速度で成長を遂げてきたのです。

要は、一定数動画投稿をしてくれるクリエイターがや視聴者が集まってきたら、次は質を高くしていく為に参入障壁を高くしていったわけですね。

 

広告主からの広告収入

ところが、今現在は質の悪い動画が多くなり、広告の出稿を停止する企業まで出てきたこともあり、こうした規約変更を定期的に行い、質の高い媒体であることを認知させる必要があったのです。

企業が成長していく上ではある意味当たり前の流れが起こっているわけですね。

 

そもそも、YouTubeというプラットホームを無料で使えて収益化できるのは、YouTubeが広告主から広告費をもらっているから。

しかし、動画に広告を載せたいという企業にとって、広告の出稿先は別にYouTubeだけではないのです。

  • Twitter
  • Yahoo
  • Facebook
  • AdWords
  • アプリ

などなど、いくらでも広告出稿先の媒体はあるわけです。

メリットがあるところに広告費を割いて出稿するわけですから、メリットが得られない場合は撤退も考えるのは当然ですよね。

だからこその、規約変更であり『収益不可』という高いハードルを設けて質を一気に高めようとしています。

 

Youtubeのスクロール動画で審査通過の事例はある?

youtube,スクロール動画,収益不可

では、もう文字スクロール動画で収益かすることは不可能なのでしょうか?

今回の規約変更で、審査を通過したり影響を受けていないチャンネルで共通してるのでは『オリジナル動画』であることです。

では、オリジナルのスクロール動画では、審査を通過することはできないのか、事例を含めて検証してみましょう。

 

文字スクロールにも種類がある

そもそも、スクロール動画と一口にいっても、いくつかの種類が考えられます。

  • 画像のスライドを絡めたテキスト
  • 上から下に流れるタイプ
  • 横に流れるタイプ

などなど、人に視聴される面白い動画は作ろうと思えば作れるのです。

これを全て規制してしまっては、今度はクリエイターの数そのものが減っていき、やがて衰退していってしまうのではないでしょうか。

 

今までYouTubeで投稿されていた文字スクロール動画のほとんどは『コピペ』動画であり、それらが強い影響を受けているとお伝えしましたが、そう考えると自分で考え作成した『オリジナルのスクロール動画』なら価値を保てるのではないでしょうか?

例え一度審査に落ちたり、警告を受けても『異議申し立て』をすることで通過する可能性は十分にあると考えられます。

 

公式では発表されていない

実は、『スクロール動画を審査から落とす』とは公式では一切発表していないんです。

仮に本当にスクロール動画が規制されたとすると、これは日本だけでは無く世界中のYouTuberに強すぎる影響を与える出来事になってしまいます。

その中でYouTube側が公表している情報は以下のものがあります。

影響を受けるチャンネルの99%は前年に100ドル(約1万1000円)以下、90%が先月に2.5ドル(約276円)以下の収益しか得られていないチャンネル

これをみてみると、きちんとクリアイターとして、情報発信者としてオリジナルの動画を作っている方の場合は気にする必要もあまりないわけです。

収益化に関しても、質や価値の高いスクロール動画であれば可能であると考えることができます。

あくまで価値のないチャンネルが削除や審査不合格になっていて、その中でスクロール動画が多い傾向にある、ということだけのようですね。

 

チャンネルのブランディング

つまりは運営するチャンネルの方向性や発信する側としての『ブランディング』が重要なわけです。

ブランディングとは『なぜそのチャンネルをみたいのか』ということ。

例えばただの文字スクロールでも、運営者などの『声』が入っている動画であればそれがブランディングになり、その声も聞きながら動画を見たいからこそチャンネル登録をするわけですし動画をみるのです。

 

そして何より『オリジナル』なわけですよね。

そういった独自のブランディングを構築しながらオリジナル動画を積み上げていけば、自然と収益化は可能になるのです。

結局は他のチャンネルとの『差別化』が重要になってくるということですね。

 

最終審査は目視

最終的には『目視』での最終審査を突破しないと収益化されないと言われています。

YouTube運営は違反ビデオの対策チームを1万人に増員することを発表(現状の25%増)していることもあります。

ここを突破するにはまず上記のことに加え、『重複』のないコンテンツを投稿していった方がいい、ということですね。

 

実際に、審査を通過できないチャンネルの特徴の中でもこの重複の影響は強いようで、動画作成時の画像が作業効率を図る為に画像素材や動画素材の数が極端に少ないチャンネルによくみられています。

そして、この状況は特に『文字スクロール動画』に取り組んでいる人に多くみられているんですね。

つまりは、動画に全く動きがないと審査に落ちやすいという傾向があることがわかってきています。

YouTubeはあくまで動画投稿のプラットフォームなので、静止画ばかりを使用していては審査を突破できない可能性が高くなってしまうのです。

 

BGM

その中では『BGM』も同様です。

スクロール動画では、同じBGMを繰り返し使用している動画が多いことでも『スクロール動画は収益化できない』とされているのです。

YouTubeはナレーションや音源(BGM)を機械的に波形として表示していますので、ずっと同じ波形のままだと審査の段階で判別できてしまうというわけですね。

 

もちろん、そこには『著作権』も絡んで来ます。

アーティストの曲やテレビの動画を無断で使用していては問題外ですよね。

ですので、ここでも同じ音源を使用するのではなく、動画の構成に合わせて変更を加え、効果音のエフェクトを使用してみたり、前述したようなブランディングを意識したチャンネルへと成長させていくべきなのです。

ナレーションを使用し、『波形』を変えてみることを意識していくべきですね。

 

嫌韓系・政治経済系

コピペ動画で稼げた時代、この嫌韓・政治系チャンネルはとても人気でした。

要は、それだけ需要があったからですよね。

ところが2018年に入って、このジャンルのチャンネルが一斉に削除され始めたのです。

この原因のほとんどは、YouTubeの運営というよりは5chの『ネトウヨ』が掲示板内で削除したいチャンネルを掲載していたから。

もともとこういったリスクのあるジャンルではありましたが、YouTubeでもこういった『偏見』や『差別』的なものを扱った動画の投稿は禁止されていました。

 

つまり、スクロール動画というよりはこうしたジャンルも大きく関係しているということ。

再生数が伸びやすいジャンルではありますが、政治系に関しても警告を受けて収益が無効になったという事例もあります。

とある人は『異議申し立て』をして個人情報を開示した上でようやくチャンネルが復活した事例もありました。

 

テレビ・ラジオ系

前述したように、著作権に関わりますので、そもそも審査も通りませんし収益化もできません。

今まで生き残っていたとしても、チャンネル停止も多く見受けられますので絶対にやめておきましょう。

こちらも再生数は上がりやすいですが、やはり著作権を無視してしまっては元も子もないありません。

 

確かに一昔前のグレーな時代は稼ぐことができましたが、今ではもうその時代は終わり多くの離脱者が出ました。

他にも芸能トレンド動画なども審査が通りずらくなっています

これも芸能人の画像の著作権などがメインでしょう。

これからは著作権に違反しない、オリジナルの映像と企画性が重要だということが良く分かります。

 

相互チャンネル登録・登録者の購入

規約が厳しくなったことで、どうにかして基準をクリアしようとする人が増えてきました。

例えチャンネル登録者数がもう少しで1,000人だからといって、相互チャンネルを大きな媒体で拡散して呼びかけることは禁止されています。

身の回りの友人などに協力を仰ぐことは問題ないはずですが、例えばTwitterやFacebookを利用して相互チャンネル登録を促してはいけないのです。

もちろん、お金を使って登録者の購入をしてしまうことも禁止になり、SOCIALBLADEで登録者の増減を見ると不正が簡単にわかりますし、公式ヘルプにもはっきりと書かれています。

別のクリエイターのチャンネルに登録することの見返りとして、自分のチャンネルへの登録を提案すること(Sub4Sub とも呼ばれます)は許可されていません。相互チャンネル登録を提案したクリエイターは、チャンネル登録者数が減らされたり、利用規約違反警告を受けたり、チャンネルが停止されたりするおそれがあります。

また、自動化された方法やマーケットプレイスを利用して YouTube チャンネル登録者数を増やそうとするサービスは、YouTube 利用規約の以下の条項に違反します。

第三者のウェブサイトからチャンネル登録者を買うこと
第三者のウェブサイトで提供される、複数のチャンネルに登録させる代わりにチャンネル登録し返す相互チャンネル登録と、そのサービス・・・

友だち同士でチャンネル登録することや、視聴者にチャンネル登録を呼びかけることは問題ありませんが、相互チャンネル登録の一環としてチャンネル登録を行うことは許可されていません。

出典:YouTubeヘルプ

とはいえ、まだまだ相互登録は普通にやり取りされているところを見かけます。

事実上はYouTube側も黙認してしまっているようです。

しかし、このようなことが違反であることは確実にしっておき、健全な運営を心掛けておいた方が結果的に得をするでしょう。

 

それでもスクロール動画は難しい?

ここまでをみてみると分かると思いますが、これからのYouTubeは『量よりも質を求める時代』になります。

これからYouTubeをで稼いでいく為に必要になってくるのは、今までのようにコピペのスクロール動画を量産するのではなく、よりブランディングのある資産型の高クオリティな動画を作成していく事が必要になってくるということ。

文字スクロールを量産していればいずれは再生数を稼ぐことは可能ですが、現在のYouTubeのアルゴリズムでは難しいでしょう。

 

現に、そういった環境に変わりつつあることは間違いありませんし、質の高い動画のほとんどは何かしらのギミックがあるはずです。

つまりは先程からお伝えしているような、ナレーションなどの声や企画性・キャラクター性などをどんどん取り入れていくべきだということ。

もちろん、それによって高評価も付きやすくなるわけで、必然的に検索上位に表示されやすくなります。

 

Youtubeのスクロール動画まとめ

youtube,スクロール動画,収益不可

とにかく動画を作って投稿することが楽しくて仕方がないのであれば別ですが、個人がYouTube動画で今までのように『稼ぐ』ということに対する魅力や旨味はなくなりましたね。

YouTubeの仕様の変更は毎年のように起こることで、その度に規制変更を見てYouTubeで稼ぐのは無理だと諦めてしまう人はかなり多いです。

しかし、去年の1万回再生ルールの後もヒットチャンネルが生まれているという事実もあります。

こういった規約変更をチャンスに変えることは可能だということですよね。

結局は規約変更に対応できる、むしろ動じない確かなスキルをコツコツを身に付けていくことが重要であり、より多くのデータや情報を元に対応していくことができればいいわけです。

スキルのないチャンネル運営者はどんどんと撤退してしまっていますが、ライバルが減っていく度に正攻法のノウハウでチャンネルを運営している人たちにとっては今まで以上に稼ぎやすい環境になったとも言えます。

お伝えしたように、今では量産型よりも資産型の確実で正攻法なノウハウで取り組むことでまだまだ稼ぐことは可能です。

自分の独自性を意識してチャンネルを運営していく事が出来れば、こうした規約変更の度にライバルが減り、自身のチャンネル動画の再生回数が増えていくこともあるでしょう。

そうなると、今回の規約にあるチャンネル登録者1000人や再生時間も簡単に突破して、収益化もクリアできるのです。

ジャンル問わず、ライバルとの差別化を意識して、あなたがあってのチャンネルへと育てていくべきですよ。

SNSでもご購読できます。