仕事でついに我慢の限界!ストレスを溜め込まずリフレッシュする方法

仕事,我慢の限界,ストレス

仕事が大好きな人も中にはいますが、ほとんどの場合『仕事にいきたくなく』とか『仕事をしたくない』と思うものです。

最も大きな要因が『我慢してストレスが溜まっている状態』であり、限界を感じているから。

 

仕事量に見合った給料や評価を受けている、と思いながら働くことができている人はかなり少ないでしょうし、仕事に対してストレスを感じている人が圧倒的に多いのです。

 

では、その原因や対処方法には一体どんなものがあるのでしょうか?

 

ここでは、仕事で我慢の限界を感じるほどストレスの溜まっている人へ、しっかりと解消できるリフレッシュ方法をご紹介していきます!

 

仕事で我慢はしないとだめ?

仕事,我慢の限界,ストレス

仕事をしていると疲れやストレスが溜まってしまいますが、適度な負荷は必要なことです。

しかし、限界を超えてしまうほどストレスを感じてしまうようですと、身体はより負担を感じるようになりますし、精神衛生上もよくありません。

 

1つ言えることは、『仕事は一人では絶対にできない』ということ。

自分一人じゃないから仕事として成立するわけですし、誰かがいるから経済が成り立っています。

 

自分以外と接することでストレスが溜まってしまうのは、ある意味仕方のないことなんですね。

  • 他人と比べ
  • 顔色を伺い
  • 明らかなオーバーワーク
  • そもそもつまらない

などなど、ほとんどの場合は働きすぎか人間関係に集約されるでしょう。

 

限界の兆候は?

だからといって、社会人として・大人として簡単に仕事を放棄するわけにもいきませんし、ある程度の我慢が必要なのが集団生活であり組織です。

 

ただ、こうした負荷が蓄積することによって、我慢の限界が来てしまうもの。

それにはいくつかのわかりやすい兆候があるので、今一度確認しておきましょう。

 

自分の意見を言うのも億劫になる

仕事でストレスが溜まると、それを避けようと人は、いくつかの行動をとります。

ストレスを感じている人へ対応するかもしれないですし、業務内容に対して何らかの形で行動を起こしているはずです。

 

もちろん、その中には必ず自分の意見や考え方があり、それを誰かに伝えている場合もあるでしょう。

 

しかし、我慢の限界を超えると人は『何もしたくなくなる』といった無気力な状態にもなてしまいます。

そのような状態になった時には、『我慢の限界』のサインだと思ってください。

 

そうなってしまった場合は、何も信じることもできなくなってしまうこともありますし、『理解されないだろう』とも思うようになってしまいます。

だから自分の意思を表に出すことがなくなり、どんどんネガティブな感情が先行していくのです。

 

体重の増減

ストレスが溜まると太ってしまう人や急激に痩せてしまう人もいるでしょう。

我慢限界を超えるとこれが顕著に現れていくのです。

体重が増える場合、食べることでストレスを解消する傾向のある人は、どんどん体重が増えていきますよね。

 

そして何より、ストレスを感じると『ホルモン』が放出され『コルチゾール』が急増します。

コルチゾールには脂肪を蓄える働きがあり、多く分泌されると太りやすい体質になってしまうのです。

 

朝起きた瞬間の強い疲労感

いつもより異常なほどの疲労感があった場合も注意が必要です。

これは身体の倦怠感もそうですし、精神的な疲弊もそう。

 

例え睡眠時間をしっかりと確保しているにも関わらず、まったく動けないしやる気も起きない。

逆に仕事のことばかり考えてしまい、頭から離れない状態も注意が必要でしょう。

仕事で我慢してストレスが溜まっていることは?

仕事,我慢の限界,ストレス

仕事でストレスを抱えてしまうのは誰もが抱える悩みであることは間違いありませんが、だからといってその原因を明確にせず放置していても解決策は何も生まれない。

 

対策を考え、行動することがなければ同じことは繰り返し起こってきてしまいますよね。

我慢の限界を迎えているなら尚更です。

まずはあなたも気付かない仕事を我慢している原因を明確にしてみましょう。

 

言いたいことがいえない

前述したように、よりよい環境や人間関係を構築していこうとしているにも関わらず、意見が言えないのはストレスが過剰に溜まってしまう原因になります。

 

また、『辛い』ということや『できない』といったことを表現し、伝えることができないということは人にとってストレス以外の何者でもありません。

  • 何も変わる気がしない
  • 邪魔者にされるんじゃないか
  • 弱い人間だと思われるんじゃないか
  • 弱音だと思われるんじゃないか

といった感情が先行してしまっている状態であると考えられます。

この状態になると仕事もプライベートも上手くいかなかったりします。

 

そもそも仕事内容が合わない

これはよくあることです。

そもそもあなたは雇われている、もしくは誰かに依存しているので好きなことだけやれるというわけではないから。

会社の都合で必要な仕事を振られるだけでしょう。

 

ただ、その中でも『適正』というものはあるはずですよね。

 

そう考えると、『仕事が合わない』とそれ自体にストレスを感じ過ぎている場合は、指示を出す側の人や会社があなたをちゃんとみてくれていない可能性があるでしょう。

もしくはあなたが会社選びを間違えたかどちらかです。

 

人間関係

会社で最もストレスを抱えるものは『人間関係』ではないでしょうか。

人間ですから、生理的に無理な人もいるでしょうし、その中で上手くやっていけれっばなりません。

 

ただ、中には人間的に低レベルな人もいるんですよね。

  • 陰で悪口を言う・広める
  • ミスを責め続ける
  • 攻撃的な態度を取ってくる
  • 自分ができることをは他人もできると思ってしまう

こういった人がいると、人間関係だけでなく、仕事自体の歯車も崩れていったりします。

これは、労働環境が過酷であればあるほど苦痛に感じてしまうものです。

 

比較・評価を気にしすぎる

人間にはもともと『承認欲求』というものがあります。

  • 誰かに認められたい
  • みんなから良く思われたい
  • 高い評価を得たい
  • 他人よりも優れていたい

こういった感情が強い人もいますし、少なくとも潜在的に持ってるものなんですね。

要は、人にどう思われてるかがものすごく気になってしまうわけです。

 

なので、少しでもミスだと感じるようなことや、恥を感じたくないですし、常に他人の目を気にしていたり他人と比較している状態。

これじゃあ疲れてしまっても仕方のないことですし、生産性がないでしょう。

 

そもそもそういった人はそれこそ『自分はどうしたいのか』というものが弱くなってしまう傾向にあります。

前述したような、自分の意見が言えない状態に近く、悪循環を生んでしまう危険性もあるでしょう。

 

自分への理解が足りない

自分の器量(キャパ)や精神力がどの程度のものか分かっていない場合もストレスが溜まってしまうでしょう。

明らかなキャパオーバーはもちろんですが、過小評価しすぎていても物足りなさを感じストレスを感じてしまい、この先のことに期待を持つことできない状態に。

 

自分には何ができて何ができないのかをきちんと知っておくことは大事なことです。

そうでないと失敗の原因になってしまったり、チャンスを逃してしまったりすることになります。

それが労働環境や人間関係の悪化に繋がってしまうこともあるでしょう。

 

お金のためだけになっている

仕事に楽しみを見出すことがなく、お金のためだけに働いていてはストレスは溜まっていく一方でしょう。

それなりの対価を得ているのであれば多少は良いかもしれませんが、ほとんどの場合給料に満足している人はいない。

 

やりがいや自分の仕事に誇り・価値を感じながら取り組むことができないことも危険な状態であるといえます。

『お金のためだから』という気持ち自体が我慢をし続けてしまう要因ですよね。

思い込み・強迫観念

『強迫観念』というと、若干病的な表現のように感じるかもしれませんが、ストレスを感じるほどの思い込みは病的なものです。

  • 悪口を言われているのではないか
  • 使えないと思われているのではないか
  • 邪魔だと思われているのではないか
  • 嫌われているんじゃないか

といったネガティブなことばかり考えてしまい、それがどんどんエスカレートしてしまう。

この状態になると我慢も限界に達しやすくなってしまうでしょう。

 

職場・労働環境

職場の環境は、会社や経営者が作り出しているものなので、そう簡単に変わるものでも変えられるものでもありません。

 

逆に、たった一人の人間のために簡単に仕組みが変わってしまってはあまりにも柱が弱いとも考えられます。

  • 残業が多い・長い
  • 明らかな重労働
  • 給料が安すぎる
  • 休憩がない

ただ、こうしたことが続いてしまっていてはもう我慢のしようがないでしょう。

労働基準法という法律がありますし、まずは確認するなどした方がいいですよ。

 

法定労働時間は、原則として1日8時間で1週間40時間以内です。

企業は法定労働時間に収まるように、勤務時間を決定しており、この勤務時間を超えた分を残業代として支払うことが決められています。

 

さらに法定労働時間の範囲外の労働に対しては、割り増し残業代を支払わなければならないのです。

 

ただし特定の職種においては、みなし労働時間制が取られていることもあり、人によってこの時間を差し引いて計算する必要もある。

 

細かい決まりごとは他にもありますが、サービス残業や重労働が多過ぎる場合は、まさにただのブラック企業に過ぎないため、未来はないでしょう。

そうせざるを得ないと考えたとしても、そもそもそういった体制や仕組みを指示している上司や会社に能力がないのですから。

 

部下や上司の態度

人間関係に近い部分もありますが、特に直属の部下や上司に悩みを抱える人も多いでしょう。

  • 上司に怒鳴られる
  • 上司や部下が使えない
  • 上司が威圧的
  • 部下が全くいうことを聞かない
  • 部下が全く成長しない
  • 部下や上司のやる気が全くない

こうなってしまっては、自分に責任を感じやすい状態になってしまいますよね。

 

また、これらのことに加え、顧客からもクレームうぃもらい続けてしまうようですと我慢も限界に達してしまうでしょう。

理不尽な怒りや依頼は精神を削られるだけでなく、あなたに諦めをもたらしてしまうことにもなるのです。

 

休日の誘いが多い

誘っている人は良かれと思って休日にまで行動を共にしようとしているのかもしれませんが、それを嫌う人もいるでしょう。

仕事以外で仕事の人と一緒に過ごすのが苦痛なんです。

休みの日まで気を遣いたくはないでしょうし、そもそも休日ではなくなってしまうわけです。

 

休日ですから『参加は自由』といいつつも、暗黙の了解で『強制参加』なんですよね。

  • 集団行動ができないやつ
  • 付き合いが悪いやつ
  • ノリが悪いやつ

といった印象を持たれるようになり、それが評価につながっていることを考えるだけでもストレスを感じてしまうでしょう。

 

積極的に交流を深めたい人もいるだろうが、そうでない人もいるということ。

 

任意にしても強制参加にしてもどうせ参加した方がいいには違いないですし、つぶしたくもない休日を会社に無理やり潰されるという多大なストレスが発生し、無理な我慢をしなければならない状況に追い込まれてしまうのです。

 

仕事のストレスを溜め込まずリフレッシュする方法

仕事,我慢の限界,ストレス

このように、仕事をしに職場に行くだけでもストレスが溜まってしまう状態となってしまうのですが、多少の我慢は必要だとしても限界を超えるほどの状態になってしまっては身も心も持ちません。

 

しかし、我慢したくない・我慢しなくていいと思っていても、なかなか仕事でそうは上手くいかないのが現状ですよね。

  • あまり強く自分の意見を言えない
  • 立場が弱い
  • 発言権がない
  • そもそも注目されたくない

このような人がいつも損をしていますよね?

 

まずは自分自身の気持ちや考え方を少し違った方向へ持っていってみることや、周りのサポートを上手く活用してみてはいかがでしょうか?

 

他人と比べない・自分は自分

前項でもお伝えしたように、他人や地位などを意識したり、比較していくことで人は疲弊していきます。

『自分は自分』だというように、割り切っていれっばいいのです。

仕事は競い合いである一方で、続けていくことができなければ生産性もかなり低いでしょう。

嫌な人とは最低限のコミュニケーションにとどめていけばいいし、例えあなたが誰かと比べ劣っていると感じていても、それはそれでいいのです。

 

仕事を中心にしない

仕事で限界を感じてしまうような人は、仕事自体が『人生そのもの』みたいなレベルにまで思ってしまうほど追い込んでいる傾向があります。

 

確かに、人生の大半は仕事をしているかもしれませんが、あなたが本当に大事にしているものは他にあえるはずです。

大切な人であったり、家族や自分。

思考の中の中心を少しずらして、あまり仕事のことを重く考え過ぎなくていいんです。

 

また、もっと違った視点で働く理由やその先の目標を検討してみても良いのではないでしょうか。

今の仕事に固執する必要は無いですし、選択肢を増やしてみても良いわけです。

 

他人の評価を気にしない

自分は自分でいい、とお伝えした部分にもあるように、人の目を気にしないようにしましょう。

他人からの評価ばかり気にしていては、あなたは何のために仕事をしているのか、『こなしている』状態になってしまうことこそがストレスになるだけ。

 

それに耐えられるなら別ですが、我慢の限界が来てしまうのであれば、承認欲求を一度捨ててみましょう。

  • 怒られたくない
  • 出世したい
  • 迷惑をかけたくい
  • 使えない・できない人間だと思われたくない

こういったことばかり考えているから、それがプレッシャーとなってしまいストレスへと変わっていくのです。

 

ただ、逆に言ってしまえば、あなたが思っているより、他人はあなたのことを気にしていなかったりします。

そもそもあなたに依存する意味がないのですから。

そう考えると少し楽になりますよね。

 

陰口・悪口を言わない

ネガティブな発言は、ネガティブな行動しか生みませんし、悪循環へはまっていく一方です。

人の悪口や陰口を言っている人は印象も良くないですし、あなたならどう思いますか?

あなたもそんな人のそばにいると、あなたまで同じ意識を持ってしまうようになり、自分で仕事を重たくしてしまうだけでなく、自分でも気付かない間にストレスが溜まってしまうのです。

 

本当の成功者や人生自体が豊かな人は、人を馬鹿にしたり悪口を言ったりすることはありません。

それが無駄な時間やエネルギーだということを知っているし、そんな余裕があるならもっと自分にとってプラスになることをしていくことに力を注ぐのです。

同意を求められようとも、あなたはあなたの意思をはっきりと持ち、相手にしないようにしましょう。

悪口や陰口を言うような人は、回り回って損をするでしょう。

 

今までのグループ行動を辞めてみる

結局のところ、人間関係を改善していくことが重要となるのですが、あなたがいつも行動をともにしているグループや数人との行動を一旦やめてみるのもあり。

 

もちろん、そこにストレスを感じていない場合は問題ないと思いますが、毎日のルーチンワークがストレスになってしまうこともあるでしょう。

  • 毎日一緒に昼休憩を過ごす
  • 仕事終わりも同じ時間に
  • 飲み会も一緒に参加

といったように、『一緒にいなかればならない』という決まりがストレスになってしまうわけです。

少し孤独な時もあるかもしれませんが、思い切って少し距離をおきながら環境を変えてみるのも良いでしょう。

 

相談する

思っていることを何かしらの形で表に出すことは非常にストレス解消につながります。

何かを解決したい場合はやはり仕事のことなので、上司に相談した方がいいでしょう。

もしくは信頼のおける同僚ですよね。

仕事内容や、異動を申し出るのも、何もしないよりは全然いいと思います。

 

また、仕事は無関係な家族や友人であってもいいんです。

とにかく話すことでストレスは軽くなっていきますし、あなたがその職場で持ってしまった固定概念では生まれてこない考え方を共有してくれるかもしれません。

 

例えば、前述したように、仕事に対して重く捉えないとか評価を気にしないなどという考え方ができるようであれば、上司にや同僚への相談なんて簡単ながずです。

むしろその方が、状況が変わる可能性は高いと考えられますし、期間としても早いでしょう。

あなたが求めている答えもきっとみつかるはずです。

 

仕事以外の人間関係を構築する

仕事だけが人生ではないのですが。、どうしても仕事を中心に考えてしまう人もいます。

そうなってしまうと、自分自身の世界がそこだけになってしまい固定概念が完成するだけでなく、偏見や錯覚すら起こしてしまうことに。

新しい仲間を増やしてみることや、趣味や習い事を始めてみるなど、環境や人間関係を新しく構築していくのも効果的です。

 

人は当然、知らないことの方が圧倒的に多いですし、新たなことに出会うとそれが刺激になってモチベーションも上がる傾向にあります。

 

また、数少ない人間関係に依存することを辞め、複数の関係を作っておくこともストレスを発散することに繋がります。

狭い人間関係に依存してしまうことは、あなたの視野を限定してしまうことと同じですし行き場がなくなった場合にも困りますよね。

人脈を増やすというわけではありませんが、今までと違った人間関係を構築していくことは多くのメリットがあるわけです。

 

転職する

ここまでお伝えしたきたことをしようとしても明らかに無駄な場合は転職を検討しましょう。

職場環境や人間関係が改善しない場合はもう、そのものを変える他ありません。

まるごと変えて一新することも必要ですし、それは逃げでも悪いことでもないですよ。

人には合う、合わないは絶対にありますし、我慢できないほど耐える必要はないのです。

 

今の職場と転職活動を並行していくことは簡単ではありませんが、貯蓄があるなら辞めてもいいでしょうし、ない場合は『新しい世界が待っている』と期待に胸を膨らませて行動に移すことができるでしょう。

 

期待をしない

そもそも何か良くなるのではないか?自分が行動すれば変わるのではないか?と、何かに期待すること自体、ストレスの原因なんです。

ほとんどの場合、あなたの思い通りにいくことはないですし、期待通りにいかない時にどっと疲れてしまいます。

もう何にも期待するのなんてやめて、『このくらかな』と期待値を低めに設定しておきましょう。

 

相手の考えを変えようとしない

人に期待することをやめるのと同時に、『人は決して変わらない』ということも知っておいた方がいいでしょう。

あなたがどれだけ歩み寄っても、あなたがどれだけ行動してもその相手は変わることはありません。

あなたが変わることで、初めて何かしらの状況は変わり始めます。

ただ、そうなると疲れてしまうので、それこそ期待するのはやめましょう。

 

依存心を捨てる

結局のところ、一言でいうならこのことに集約されるのではないでしょうか。

今の会社や人間関係に執着し、依存しているからこそ、思い通りに行かないことでストレスが溜まっていく。

お給料だってそう。

『お金のためだから』と言えばそれまでですが、お金だって自分で稼ぐことができたり、会社以外の柱があったら気が楽になるわけじゃないですか。

 

今はどんどん会社が個人に責任を持たなくなっている傾向があります。

副業を解禁している企業も増えていますし、自分の身は自分で守らないといけない時代になってきています。

もし、あなたが危機感を感じているのであれば、手堅く稼ぐ方法を知っておいて損はないでしょう。

>> リスクなく手堅く稼ぐ方法

その中でも『好きなことで稼いでみたい!』という方はこちらの記事が参考になります。

>> 好きなことを仕事にして成功する人と失敗する人の絶対的な違い

 

仕事で我慢の限界まとめ

仕事,我慢の限界,ストレス

生きていくためにはどうしても働かないといけません。

何をどういった形で仕事をするのは本来自由なのですが、『会社に行かなければいけない』というのが普通の認識ですよね。

 

それすらストレスになってしまうのであれば、自分がストレスを感じない状況にするためにはどうすればいいのか。

 

どうするべきなのかを考えた方が前に進めるわけですし、何かを変えなければ何も生まれないのです。

まずはあなたができることから1つずつ始めてみてはいかがでしょうか?

SNSでもご購読できます。