サラリーマンで趣味がない人におすすめの習い事やかかる費用

サラリーマンとして毎日忙しく働いていると趣味がないなんて人は多いのではないでしょうか?

一方で、趣味をたくさん持っている人もいますし、それと同時に習い事をしている方も多くなっています。

 

ただ、趣味がないサラリーマンが今から『自分に合う趣味なんてあるのか?』と悩むものですし、習い事として取り組むメリットやその費用も気になるところではないでしょうか。

ここでは、サラリーマンで趣味がない人へおすすめの習い事をご紹介していきます!

 

サラリーマンで趣味がない人はかなり多い?!

サラリーマン,趣味がない,習い事

実は、趣味がないサラリーマンはあなただけではなく、むしろ思っている以上に多いのをご存知でしょうか?

よく知られているのは博報堂の研究によるデータ。

『遊びについて、あなたにあてはまるものを教えてください。』という質問に対し、『一生を通じて楽しめる趣味を持っている』と答えた人の割合は2016年35%となった。という結果が出ているのです。

つまり、逆に言ってしまえば65%の人達は『趣味がない』ということ。

 

また、『今後してみたことは何ですか?』という質問に『趣味やスポーツの教室に通ったり、レッスンを受けたい』と答えた人の割合は2016年は33%となったそうです。

この結果から、『何かしらの趣味や習い事をしてみたい』と心の中では思っているということ。

 

だったら絶対に趣味を持ち、習い事をして充実した毎日を過ごしていった方がいいと思いますよね?

以下でご紹介するように、趣味や習い事を持つことはそれだけのメリットがあるのです。

 

サラリーマンが趣味や習い事を持つメリット

サラリーマン,趣味がない,習い事

あなたが心のどこかで思っているように、サラリーマンが趣味や習い事を持つことで得られるものは予想以上に多いのです。

改めて確認しておきましょう。

 

気分転換・ストレス解消になる

一番のメリットはこれかもしれませんね。

サラリーマンに限らず、趣味や習い事は『好き』とか『自ら実践したい』と思えるものだからこそ取り組むものですよね。

もちろん仕事に対してそう思うのであればその限りではありません。

そう思う感情こそが、ストレスを発散させ、喜びややる気を漲らせるホルモンを分泌させるのです。

  • 仕事
  • 子育て
  • 人間関係

などなど、本当に自分のためだけの時間や行動を取ることができないうことは、大人になればある意味仕方がないことですがこれが少なからずストレスになっているのです。

そういった意味では、自分が楽しいと思えることや夢中になれる時間はあなたの心を癒やしてくれるのです。

 

自己表現の場所・手段になる

趣味や習い事を持つことで、自分の個性を示すことができるようになります。

  • 私は◯◯が好きです
  • 趣味は◯◯です
  • 私は◯◯が得意です

といったように、周りからみてもあなたがどういった人なのかわかりやすくなり、第一印象をはっきりと与えることができるようになり、共通点を発見しやすくなるのです。

そうすることで人間関係は築きやすくなるものですし、スムーズなやり取りにつながるわけですね。

 

そして何より、あなたが自分で自分のことを表現・開示することで、自分に自身を持つことや自己主張しやすい状態を作ってくれる。

自分への価値を感じたり承認欲求を満たすということは、人にとっても重要なことなんですね。

 

成長できる

趣味や習い事によってはスキルアップをすることが可能になり、仕事にまで役立つこともあるでしょう。

そうして成長していくことで仕事の生産性もあがり、さらなる喜びを感じることも可能になるのです。

成長していくことや学びを得ることで、これまでにない視野が広がり、良い循環を生むことができますよね。

 

人との繋がり

趣味ができ、習い事もするようになると、必ず何かしらのコミュニティに所属することになります。

ということは、自然とプライベートでの人間関係が広がり、仕事や家庭とは違う日常を味わうことができるのです。

そうした非日常が前述したようなストレスを解消したり、自己表現の場にもなります。

もともと人は一人では生きていけない生き物ですし、そういった人との関わりは多い方がいいのです。

そのことによって新たな楽しみを見つけるきっかけにだってなるのですから。

 

サラリーマンで趣味がない人の原因・特徴は?

サラリーマン,趣味がない,習い事

これだけのメリットがありながら、心のどこかでは『趣味を持ちたい』と思っているにも関わらずなぜ『趣味がない』という状態になってしまうのでしょうか。

サラリーマンが趣味を持てない原因やその特徴も確認しておきましょう。

 

最初から諦めている

『自分は飽きやすいから』と最初から諦めてしまっている人は割と多いです。

『どうせ◯◯〜』といった思考になりやすく、何か新しいことにチャレンジしにくくなってしまう。

どうしても諦めがちな人は、先読みをしてしまいなかなか『やってみよう』という気持ちになりません。

むしろ『とりあえずやってみる』くらいの気持ちでいた方が、何か新しい発見やきっかけになるのです。

誰からも何も奪いませんし、誰の迷惑にもなりません。

 

また、趣味や習い事の中には『モノ作り』系のもの多くもともと『手先が器用でない』人は苦手意識が先行してしまい、上手くできる自信も湧いてこずまず諦めてしまうでしょう。

 

とにかく余裕がない

サラリーマンとして毎日働き、仕事や家事が忙しくて『休みの日はとにかく寝ていたい』と思う人も多いでしょう。

肉体的にも精神的にも疲れが溜まってしまい、行動する気が起きないのです。

楽しみを見つけることができない、やろうとも思えるほどの余裕すら起きないほど時間に追われる毎日である人に特徴的なことです。

 

またこれは、金銭的な意味でも同じことが言えます。

趣味や習い事のほとんどには少なからずお金もかかってきます。

日本人の平均年収は420万円と言われ、生活費以外にお金を掛けることは難しいのが現状です。

 

そうして少ない収入の中で、仕事中心に生活が回っているとなかなかリズムを変えることは難しかったりします。

変化を加えること自体にストレスを感じてしまこともあるのです。

 

既に不満のない生活を送っている

趣味がないというよりは今の生活に不満もなく、むしろ毎日を楽しんで過ごすことができている人。

特に趣味や習い事をしなくても、家族がいるだけで楽しい、など意識しなくてもストレスを抱えることなく過ごすことが出来る人はいるのです。

 

仕事が一番

趣味よりも仕事を優先したい人もいるでしょう。

仕事が好きか、仕事に追われすぎているかのどちらかになるとは思いますが、その状況に応じて気持ちは変わってくるでしょう。

 

損得で物事を考える

得意でないものを趣味や習い事にする場合『それをやることで失敗しないか?』・『得をすることや損をしてしまうことはないか?』という気持ちが先行してしまう場合。

こういう思考であると、そもそも趣味が趣味でなくなってしまいます。

趣味や好きなものに対して意味を求めるようになると、もはや趣味ではなくなってしまうことと同じです。

本当の意味で楽しさや充実感を味わうことのできるものを見つけた方がいいでしょう。

ない場合は、損得で考えて熱中できるものでも良いと思います。

 

優柔不断な人

自分で何か物事を決断することが苦手な人は、新しいことにチャレンジもしにくいでしょう。

  • 自分に合うものはどれか
  • もっといいものはないか
  • やっていいのかどうか

など、なかなか決めることはできません。

金銭的な面でも同様で、お金がかかってくる趣味の場合、ますます手を出しにくくなります。

 

友人が少ない

趣味や習い事は、もともと友人に誘われることが多いものもあります。

そもそも日々関わっている人が少ないと必然的にそういった機会も少なくなってしまいます。

友人が多い人は自然と情報も集まってきますし、やりたいことがないとう状況にはなりにくいものです。

 

物事への関心が薄い

物事に関心の薄い人は、趣味や習い事に対しても興味を持ちにくいです。

好奇心旺盛な人は多趣味ですし、何かしら行動を起こしやすい傾向にあります。

 

前述したように、意味を求めてしまったりしてしまうことも当てはまるでしょう。

また、チャレンジ精神に欠け、一歩踏み出せない優柔不断なタイプも無趣味の方は多いです。

 

サラリーマンが趣味や習い事にかける適切な費用は?

サラリーマン,趣味がない,習い事

では実際に、サラリーマンが趣味や習い事を持ち、それに対していくらお金をかかているのでしょうか?

また、その費用は適切なものなのでしょうか。

2015年のドゥハウス調べでは以下の数値が示されていました。

  • 1ヶ月平均金額:11,833円
  • 1週間に約3時間52分

これだけの時間やお金を掛けている現状があります。

 

そして、この数値が適切かどうかをアンダンする基準として『2:6:2の法則』があります。

この法則では将来に備えるための理想の支出は収入に対してどれくらいなのか、を示している法則になります。

  • 貯蓄:20%
  • 生活費:60%
  • 自己投資:20%

という配分でお金を分けるべきだとしています。

例えば、趣味や習い事は自己投資に該当しますので、手取り20万円の収入であった場合、4万円程。

普通に考えれば若干高めな金額に思えますが、例えばこれが将来の報酬につながるようなスキルアップへの自己投資であれば、このくらい金額を掛けるべき、としています。

 

そうでない場合は、ただの浪費になってしまい、食費やその他の生活費・交際費をグッと節約する必要が出てきてしまうのです。

世の中の平均金額をみてみると、ほとんどの場合は習い事による自己投資というより、気分転換による趣味が多いことも分かりますね。

つまり、将来のための自己投資であれば20%までかけてしまうべきだし、楽しむためであれば収入の5%を目安にした方が良いということになります。

 

サラリーマンの趣味や習い事の選び方は?

サラリーマン,趣味がない,習い事

費用の他に、習い事や趣味を行っていく上では何を基準に決めて行けば良いのかも確認しておきましょう。

もちろん、やりたいことであることが一番ですが、その他の視点も取り入れてみて下さい。

 

目的

習い事や趣味を始める際は『自分で決めて自分でやりたいと思ったもの』をやるべきです。

  • 友人に誘われたから
  • みんながやっているから

という動機で始めることはしない方がいいでしょう。

結局のところ途中でやる気もなくなり続かなくなります。

結果的に時間もお金も無駄になってしまいますので、自分にとって本当に取り組みたいもので、きちんとメリットの返ってくるものを選んでいくべきです。

 

通いやすさ

そして何より、通いやすい場所や金額、雰囲気でなければ楽しみながら行うことはできません。

会社や自宅から近いことはもちろん、自分の都合に合わせて調整できるような習い事であった方がいいでしょう。

通ってみたら自分が期待していた内容と違った、ということにならないためのも、無料体験などを設けている場合は利用すべきですね。

 

サラリーマンで趣味がない人におすすめの習い事

サラリーマン,趣味がない,習い事

ここまでのポイントを含め、趣味がない方はご紹介する習い事を検討してみてはいかがでしょうか?

ここに挙げる習い事や趣味であれば、きっとあなたの生活に役立つはずですよ。

 

料理

  • 費用:約6000円~20000円

料理教室へ通っている人は増えていて、それこそ男性の参加者も多いでしょう。

また、料理教室へ通わなくても、今なら少し調べれば簡単料理の作り方などは学ぶ事が可能ですよね。

グループで協力し合って作業するので、友人ができやすく、男女の出会いの場にもなっています。

材料代がかかるので費用はやや高めで、月額制のほか、1回ごとの料金設定になっていることもあります。

 

食べることやお酒を飲むことが好きであれば、自らの手料理で楽しむこともできるようになるでしょう。

  • 洋食
  • 和食
  • イタリアン
  • 中華
  • スイーツ
  • パン

などなど、様々なジャンルがありますので、幅広い選択肢があるのも魅力の1つ。

簡単なものから始め、自分はもちろん大切な人へふるまってあげると楽しみも増えていきますよ。

 

写真

  • 写真教室1回当たり:約5,000〜10,000円

今ならスマホで簡単にすぐにでも写真を撮ることができますよね。

カメラ教室もあるので、本格的にやってみるのも良いですし、自分のコレクションを作るのも楽しいでしょう。

SNSも流行っていますし、年齢・性別問わず取り組みやすいものの1つです。

何気なく撮ってみた写真が、気づいたらハマっているかもしれませんよ。

 

ハンドメイド作品

  • 手芸教室1回:2,000〜5,000円

手先が器用な人はモノ作りに励んでみると良いでしょう。

自分で作った作品には愛着が湧きますし、達成感も得られます。

  • 手芸
  • ビーズ
  • 絵画

などの作業中は集中力が必要で、日常を忘れながら没頭することもできますよね。

ゆくゆくは作ったモノを売れるかもしれませんし、趣味が発展してファンがついてしまうかもしれないと考えるとワクワクしてきませんか?

 

音楽・楽器

  • グループレッスン:月額約12,000円〜

大人になってから思いっきり楽器の演奏をする機会はほとんどないですし、独奏はもちろん、チームでの演奏は達成感も得られます。

上達していくスキルを体感することで充実感もありますし、練習中は没頭できるのでおすすめです。

  • アニメ
  • 邦楽
  • 洋楽
  • クラシック

など、ジャンルも幅広いですし、好きなもので好きな楽器を試してみるのも面白いでしょう。

 

語学

  • 費用:3000円~60000円

語学を学べば必ずなにかの役に立ちますし、何よりスキルを身に付ける事が可能になります。

海外旅行はもちろん、ビジネス会話まで可能になり、体験レッスンを設けているところが多いです。

今では駅前に多く教室があり、自由な曜日にレッスンを受けることも可能ですので、非常に通いやすくなっています。

もちろん、通信教育もありますので、自分のペースでスキルアップを目指すこともできるでしょう。

 

最近で無料である程度学べるサイトやアプリもありますので、手始めにやってみるのもありですね。

また『Language exchange』という方法で、学びたい言語を母国語とする人と日本語を学びたい人で会って、お互いが勉強する方法です。

 

運動・トレーニング

  • ジム:5,000円〜15,000円

だいたいの人は運動不足ですので、何かしらのかたちで体を動かしておくと良いでしょう。

ウォーキングやランニング、ストレッチや筋トレは、その場で簡単にすることができますし、それこそ無料で可能です。

今ではジムに通うことも一般的になり、ダイエットやヨガ目的に利用する人も多いでしょう。

ジムを利用する場合、ロッカーの利用やアメニティ、利用時間帯などによって料金にも幅がありますので、ライフスタイルに合った方法で継続できる方法を選択しましょう。

  • ゴルフスクール
  • テニススクール
  • ボクササイズ

など、様々な習い事が増えていますし、『パーソナルトレーニング』という個別レッスンも可能ですので、利用の幅はどんどん広がっています。

 

ブログ

  • 費用:0円〜

ブログを趣味にするのも良いでしょう。

趣味が講じてブログでお金を稼いでいる人もいるほど。

『稼げるならできるかも!』という人も多く、無料で始めることも可能ですのでハードルはとても低いです。

自分で撮った写真を載せることも可能ですし、副業として本格的に記事を書いてみるのも面白いでしょう。

主婦の方でもちょっとした時間でブログに取り組み、実は旦那の給料より稼いでしまっている、なんて人もいるほどです。

 

プログラミング

  • スクール:月5,000円〜

転職やスキルアップを考えているのであれば、プログラミングはおすすめ。

ブログとも相性がいいですし、プログラミングスキルだけでも市場的に需要があるため、ある程度お金を稼ぐことが可能です。

稼ぐことだけでなく、スキルを身に付け、作業をこなしていく達成感も得られます。

 

スクールの受講スタイルや環境によって料金が異なるため一概には判断できませんが、長い期間で学ぶと価格も高くなりますね。

未経験の方が独学で勉強して、エンジニアやプログラマに採用されるには相当の努力が必要ですが、プログラミングスクールで学ぶことで効率良くプログラミングスキルを身に付けることができます。

オンラインで体験レッスンも可能ですし、自宅でこなしていくことができる習い事でもあります。

 

副業

  • 0円〜

趣味よりお金が欲しい、と思われる社会人の方におすすめなのが、インターネットを活用してで副業をすること。

  • FX
  • 転売
  • ブログ
  • YouTube
  • メルマガ

などなど、やろうと思えばたくさんの副業がありますので、お小遣い稼ぎから本格的に稼ぎたい人まで、正しいノウハウで正しく継続することができれば成功をおさめることが可能でしょう。

 

サラリーマンで趣味がない人の習い事まとめ

サラリーマン,趣味がない,習い事

趣味や習い事を持っている人は、それをやっていくことによって生き甲斐が持てたりストレスを解消することができたりと多くのメリットを実感しています。

そして何より『人生にメリハリがつく』といった意見も聞かれるほど。

その中で自分に自信を持つことが可能であったり、充実感を味わうことができる。

そうして人生を豊かにすることが趣味や習い事の醍醐味といえるのではないでしょうか。

趣味や習い事は人とのつながりや肯定感を引き出してくれ、あなたを成長させてくれるものです。

本当にやることが見つからず、時間を持て余しているのであれば、友人の誘いに乗ってみるのも良いかもしれませんね。

~PR~

私のメンターのメルマガに登録すると30万以上の高額塾でも販売していない教材が無料でもらえるようです!!


※期間限定無料でプレゼントをゲットしよう!!


今すぐ無料で入手する!

SNSでもご購読できます。