仮想通貨で流行りのICOは詐欺?優良とヤバイ案件の見分け方とは?

仮想通貨で流行りのICO。

個人的にお金を作りたい・・・!と考えている人には、かなり注目度の高いビジネスですよね。

投資した金額の何百倍にも膨れ上がり、一気にお金もちになった人もいますし、若い人でもこのビジネスには投資している人が多いので、気になっている人も多いと思います。

しかし、同時に聞こえてくるのは『詐欺』の噂・・・。

 

そこで今回は、仮想通貨で流行りのICOは詐欺なのかどうか?についてお話していきたいと思います。

同時に、優良案件とヤバイ案件の見分け方もご紹介していきますので、最後までチェックしていってくださいね!

 

ICOってなに?

仮想通貨,ICO,詐欺,見分け方

まず、なんとなく聞いたことはあるけど、実はよくわかってないという人のために、『ICO』とはどのようなものなのかをお話していきましょう。

 

ICOとはInitial Coin Offeringイニシャル・コイン・オファリングの略で、日本語では新規仮想通貨公開という意味です。

これは資金調達をしたい企業や事業などのプロジェクトが、独自の仮想通貨を発行して販売し、資金を調達する手段やその経緯のことを指した言葉です。

 

この企業や事業などのプロジェクトに投資する投資家には

  • コイン
  • トークン

などと呼ばれるデジタル通貨を購入してもらい、資金を集めるという仕組みです。

 

この投資家に対しては、原則として対価は支払われませんが、投資家はこのコインやトークンの価値が上がった時に売れば、大きな金額を得ることができるというわけです。

 

 

ICOと一緒によく聞くIPOってなに?

仮想通貨,ICO,詐欺,見分け方

ICOという 言葉と一緒によく耳にするのがIPOという言葉ですよね。

これもなんだろう?と思っている方も多いと思いますが、IPOはInitial Public Offeringの略で、日本語でいうと、新規株式公開と言います。

いわゆる『株』です。

 

IPOは証券市場に新規上場して、株式を発行することで資金調達を行うものなので、証券会社の協力が必要不可欠となり、自社だけですべての資金調達を完結させることはできないという特徴があります。

 

それに加えて、投資家に投資してもらうためには、事業計画書や直近決算の開示する必要がありますので、それに伴い、手間や費用が発生します。

 

しかし、ICOではこういった作業を行う必要が少ないので、資金調達をするためにかかるコストや手間を大幅に引き下げることができるので、ICOを始める企業が増えているというわけです。

 

 

ICOとIPOの大きな違いはなに?

仮想通貨,ICO,詐欺,見分け方

投資をする側からみた、ICOとIPOの違いについてをまとめていきましょう。

 

ICOの方がルールが未整備なのでリスクが高い

まず、ICOは投資家側を保護するようなルールが整備されていないので、リスクの高い取引であるということは理解しておきましょう。

 

IPOは証券会社の厳しい審査が必要で、様々な点で世間体が良い企業が選ばれるものですので、比較的安心して投資できますが、ICOには審査がありませんので、信頼性を判断することは難しいところがあります。

 

また、公開されている情報も大きく違います。

ICOは基本的にホワイトペーパー以外の情報をあまり提示せず、Twitterやテレグラムのコミュニティからの情報が主なものとなりますが、IPOは一部二部、マザーズ、JASDAQの複数の種類があり、いずれも厳しい基準が設けられており、上場前に企業のあり方を厳しくチェックされるので、詐欺を行うことは非常に難しい状況と言えます。

 

 

購入できる層が違う

IPOは主に個人投資家しか購入できませんが、ICOは誰でも購入できるという性質もあります。

 

ICOはより多くの人に投資のチャンスがあり、開催者と直せつ的につながりがない人でも参加できるようになっています。

 

議決権が違う

IPOは議決権があるので株主として経営者に対して発言権を得ることができますが、ICOは一般的に議決権はありません。

(トークン形式の場合はあります。)

 

ICOとIPOの大きな違いをまとめるとこれらのようなポイントが挙げられます。

 

ICOは多くの人が参加することができますが、ルール整備がされておらず、企業のあり方も不透明なので、詐欺案件が起こりうる状況であるということがよくお判りいただけたと思います。

 

 

ICOの詐欺事案の割合はどれくらい?

仮想通貨,ICO,詐欺,見分け方

ICOにおいて、詐欺事案はどのくらいの割合があるのかどうかも気になりますよね!

 

ニューヨークのSatis Group LLCが調査した統計データによると、ICOは詐欺が約81%をも占めていると言われているようです。

つまり、ICOの5件のうち4件は詐欺だと考えることができるということになります。

この数字にはびっくりですよね!!

 

実は、ICOは、最初から投資家を騙す目的で立ち上げている事業者が多いと言われています。

資金をできるだけ集めたら、消えてしまい多くの投資家たちは訴えることもできず、我慢するしか無い状態となります。

 

 

ICOの詐欺が多いのはなんでなの?

仮想通貨,ICO,詐欺,見分け方

ICOの詐欺が多い理由についても深堀りしていきましょう。

 

ルール整備がされてないため詐欺業者が参入しやすい

まず、先ほどお伝えしたように、仮想通貨を取り巻くルールの整備がまだなされていないため、簡単に参入できるという点が、詐欺業者にとって好都合だというのも大きな理由です。

 

多くの人が参入できるので、資金が集めやすい

先ほどもお伝えしましたが、IPOは主に個人投資家しか購入できませんが、ICOは誰でも購入できます。

開催者と直接的につながりがない人でも参加できるようになっているので、投資家の人数を集めやすく、資金を集めやすいとう点も、詐欺業者が参入したくなる理由と言えるでしょう。

ICOは友達に勧められたから始めた〜って人が多いタイプの投資です。

そこまで高額をかけなくとも始められるので、多くの人が知り合いなどに紹介され、参加するという流れができています。

こんな状態なら、詐欺業者が放って置くわけがないですよね!

 

ICOの仕組みが複雑で理解しづらい

また、仮想通貨やICO、ブロックチェーンの技術の仕組みなど、理解し辛く、複雑なこの成り立ちも詐欺の要因となっています。

投資家が理解できないほどの複雑さがあるので、本質的なところは見せずに、ただ『お金を増やす良い方法』ですよ!という魅せ方で、詐欺業者は投資家にアプローチすることができます。

 

そして投資家は、仕組みが複雑なのでよく理解しないままで、その詐欺業者の都合の良い話を鵜呑みにして、投資をしてしまいがちになっているというわけです。
ホワイトペーパーや公式HPもまだ英語のものが多いため、多くの日本人は周りから聞いた評判や持っているイメージで投資をしてしまっている状態になってしまっているというわけです。

 

ICO詐欺に引っかからないようにするには?

仮想通貨,ICO,詐欺,見分け方

ここまで、ICOに詐欺が多いということをお伝えしてきましたが、こういった詐欺案件にはある程度特徴があります。

この見分け方が100%正しいというわけではありませんが、騙されないように知識として理解して置くと良いでしょう。

それでは1つずつチェックしていきましょう!

 

ICOの掲示板で検索しても出てこないICOは怪しい

ICOは掲示板での情報交換が非常に盛んですよね!

そんな掲示板で検索しても出てこないようなICOは詐欺の可能性が非常に高いです。

これは、意図的に悪評を隠そうとしていると考えられるからです。

 

掲示板に書き込みがある場合は、その投稿に詐欺であることを訴える書き込みがあります。

とはいえ、その書き込み投稿者がどのような人なのかは念のためチェックした方がいいです。

なんでも中傷するタイプの人もいますので、信用できる人かどうかの確認も一緒にするのが賢い手でしょう。

 

海外ICOの場合は日本の掲示板だけでなく、海外の掲示板もチェックするようにしてくださいね!

 

 

HPなどの翻訳が日本語のみの場合は要注意!

海外の事業者のICOで、公式HPや、資料などの翻訳が日本語だけの場合は詐欺の可能性が高いと言われています。

これは日本人を狙った詐欺と考えて、気をつけた方が良いです!

 

海外の事業者のICOは市場の大きい中国語などが優先して翻訳されることが多いので、日本語だけ翻訳しているというのは不自然な状態だからです。

 

高い配当率が売りのICOも危険!

配当率が高いことを押し出してくるICOも気をつけた方が良いです。

これは、過去の詐欺案件でも多い手法で、集金した金額をICOの広告費用に使って資金を集め、集められるだけ集めたら逃げて消えるというやり方です。

利益率が良いことを見せてくる業者は一度、このようなケースではないかと疑ってかかるのが良いでしょう。

 

価格保証や買取保証がある場合も要注意!

投資を考えているICOに価格保証や買取保証があるなら詐欺の可能性が高いと考えていいでしょう。

仮想通貨は投資商品で、不動産や金のように現物があるわけではありませんので、いくらでも価値が下がる可能性がある性質のものです。

この価値を保証することなんてできないと思いませんか?
資金を集めている状態なのに、価格を保証できるはずがないので、これはハナから資金を集めたら逃げようとしている詐欺業者のやり口なんです。

 

誘導の多い釣り広告が多かったら気をつけよう

広告を出している=詐欺とは言えませんが、詐欺コインやICO詐欺で誘導の多い釣り広告が使われていることが多いです。

広告は手っ取り早く多くの人から資金を集められますので、詐欺業者からしたら、最高の集客ツールなわけです。

 

ただ、本当に良質なICOは、広告を出さなくても自然に人が集まってくるもので、広告費用を開発費に使ったりしています。

 

企業のあり方からして、広告を出しているICOは少し疑ってかかるといいかもしれません。

 

開発者の名前で検索しても、出てこないのは怪しい・・・。

基本的に、ICOのホワイトペーパーや公式HPなどには開発者や開発チームの参加者の名前が記載されています。

詐欺を気をつけるのであれば、この名前は全て検索していくようにしましょう!

 

googleなどの検索エンジンだけでなく、ビジネス特化型のSNSであるlinkedinなどいろんな検索機能で関係者の情報を収集することで、リスクのある投資を防ぐことができます。

というのも、詐欺業者の場合、他人の写真を使っていたり、検索に全くひっかからないような名前を使っていたりすることが多いからです。

少し手間ではありますが、詐欺に引っかかりたくなかったら、こういった点もしっかりとチェックするようにしましょう。

 

セミナーでの勧誘も注意しよう

セミナーでの勧誘は、より魅力的に感じてしまいがちですが、すぐに信用しないように気を張って参加しましょう。

ICOの投資は『すごそうな人が投資すべきって言ってるから、投資しよう』と言った軽い気持ちで投資すると、痛い目をみる確率が高いです。

先ほどにもお伝えした通り、ICOの5件のうち4件は詐欺だという統計が取れている現状で、そんな口車に乗ってしまうのは非常にリスキーです。

しっかりと自分でも情報を集めて、考えた上で投資をするようにしましょう。

 

ネット上の公式コミュニティで知識をつけてから始めよう!

ICOに参加するなら、ネット上の公式コミュニティを確認して参加して知識をつけるようにすることもおすすめです。
チャットアプリのTelegramでのコミュニティなどは有識者の中でも評判が高いので、是非チェックしてみてください。

ここで交換されている情報を確認し、チャットに参加して、疑問点などを解決するようにしましょう。

 

 開発情報やプロジェクトの進行状況を開示しているかもチェック!

ICO主催者は投資家に向けて、情報を発信している場合があります。

そういった情報をしっかりチェックしてみるのも、有料なICOかどうでないかを見極めるために役立つポイントでしょう。

 

  • 現在プロジェクトがどれぐらい進んでるのか
  • 最近はどのような状態なのか

 

などの具体的な発信をしている場合は、プロダクトに対する前向きな姿勢を読み取ることができます。

少なくとも、こういったICOはプロダクトが途中で無くなるという可能性は低いと考えられるでしょう。

 

また、公式ツイッターなどの投資家のコメントへの返信もチェックポイントです。
ICOの中には、公式ツイッターアカウントや、テレグラムアカウントなどでユーザーとやりとりをできるようにしているところもあります。

こういったところでは公式アナウンスに対して、投資家からプロダクトについての質問コメントなどが投稿されます。

そんな投資家からのコメントに、ICO主催者のCEOやメンバーから具体的な回答がされていれば、投資家を大切にしており、プロダクトの進行状況も前向きに動いているということがわかります。

 

これに加えて、投資家を含めたコミュニティが活発かどうかもチェックしておきたいところです。
ICO案件に投資した投資家たちはその考えをSNS上で発信していることが多いです。

価格だけの話じゃなく、そのプロダクトに対する応援の思いを発信している人が多い場合はプロダクトが完成するまで支援する傾向が強く、プロダクトが完成した後も、存続に対してもポジティブな状況だと推察することができます。

 

 

ホワイトペーパーを読み込むこと!

想通貨の企画や構想、技術内容などについて書かれている公開文書であるホワイトペーパーを読み込んでおくことも重要です。

公式HPにホワイトペーパーが掲載されており、これを読めば、投資家はそのICOがどのようなビジョンを持っているのか、どんなサービスを作ろうとしているのか・・・といった情報を集めることができます。

 

その中で注意して読んでもらいたいのが、そのホワイトペーパーに書かれているものが現実的なプランなのかどうかというポイントです。

とても素敵で、こんなプロダクトが世に出たら、きっと爆発的に売れるだろう!

というようなものもありますが、その構想がちゃんと実現可能かどうかをチェックしないと、大損になってしまう可能性もあります。
また、ロードマップが長すぎる場合も要注意です!

『長いこと=悪い』というわけではありませんが、長すぎる場合、プロダクトの作成途中で中止されてしまう可能性は高まります。

 

そして、集めたお金を使う具体的な流れなどを記されているかどうかもチェックしておきたいポイントです。

ICOで集めた資金を具体的に、どれくらいの期間をかけて使用するかなど明確な情報が開示されていない場合は、怪しいと考えた方が良いです。

 

そういった見方をしながら、きちんとホワイトペーパーから読み取るようにしましょう。

 

仮想通貨で流行りのICOは詐欺?優良とヤバイ案件の見分け方とは?まとめ

仮想通貨,ICO,詐欺,見分け方

今回は、仮想通貨で流行りのICOは詐欺なのかどうか?についてお話してきましたが、いかがでしたか?

優良案件とヤバイ案件の見分け方もご案内してきたので、ICOの投資に対する気持ちが引き締まったのではないでしょうか。

 

大きなメリットを得られる可能性がある反面、ICOにはリスクもあります。

今回ご紹介した内容を参考にして、ICOと向き合うようにしてくださいね!!

SNSでもご購読できます。