UUUMのビジネスモデルの実績やyotuberとしての所属メリットは!?

UUUM,ビジネスモデル,実績,所属メリット

YouTuberが集う事務所として、今では誰もが知っているUUUM

UUUMはそのビジネスモデルや実績、事務所としての所属メリットなどにも注目が集まっています。

今や子供たちの“なりたい職業”としても人気を集め、ITエンジニア・プログラマーやゲームクリエイターを目指す高校生などにも影響を与えているのがYouTubeです。

そんなUUUMですが、上場をしたことでも話題となり、再度その実績を知りたい人が急増しました。

ここではUUUMのビジネスモデルや、YouTuberがこぞって移籍先に選ぶほどの所属メリットをご紹介していきます。

 

UUUMのビジネスモデルは?

UUUMは2013年に業界初のYouTuberマネジメント企業として設立されました。

  • HIKAKIN
  • はじめしゃちょー
  • 瀬戸弘司
  • 佐々木あさひ

などなど、数々のトップYouTuberをマネジメントぐんぐん業績を伸ばしていきました。

現在、その活動は幅・深さ共に広がり、大手企業との新たな取組みが話題になっています。

  • アンファー
  • チャリ走
  • Yahoo!JAPAN
  • Google Play

を始め、YouTuberイベントの企画・運営など、動画のアウトプットを軸に、YouTubeでの活動にとどまらずメディアという分野から活動範囲を広げています。

インフルエンサーマーケティングをリードする、動画ビジネス業界初のYouTuberプラットフォーマー企業としても、今では誰もが知っている企業へ成長を遂げました。

 

収益源は?

UUUM,ビジネスモデル,実績,所属メリット

出典:https://www.uuum.co.jp/company

具体的にUUUMは、世の中に影響力のあるUUUM所属YouTuberがクオリティの高いコンテンツ制作に集中できるように最適な環境作りをサポートしています。

  • グッズ販売
  • イベント運営
  • キャンペーン展開
  • テレビ・雑誌等のメディア取材対応

といったように、その範囲はコンテンツ制作のみにとどまらず、 YouTuberのための今後の展開も見据えて総合的にマネジメントしているわけです。

 

そういった活動を収益と辛め、事業を成長させているわけですが、UUUMが現在収益源としている事業は『クリエイターサポートサービス』・『ゲーム製作や自社チャンネルの運営』この2つです。

中でも収益の95%以上は、クリエイターサポートサービスと呼ばれる事業に依存しているとされています。

 

クリエイターサポートサービス

クリエイターサポートサービスとは、YouTuberのチャンネルが再生される時に配信されるインストリーム広告による『アドセンス収益』や企業タイアップ動画をYouTuberが制作し、チャンネル公開時に企業から得る広告収入(制作費)という2つの広告収益のことです。

これだけをみても、UUUMはYouTube界の芸能プロダクションのような事務所ということがわかりますよね。

 

AdSense

広告主はYoutubeに対して、商品をプロモーションするために動画広告を出稿しています。

よくYoutubeを視聴する前に動画広告が流れますよね。

Youtube側は動画投稿者(クリエイター)に視聴回数に応じてAdSense(アドセンス)という広告費を支払っています。

UUUM所属のクリエイターの場合は、Youtube側がUUUMにアドセンスを一括で支払い、その一部をクリエイターに還元。

UUUMは仲介料として収益を上げているのです。

 

企業のタイアップ

前述したように、UUUMは企業とのタイアップも大きな収益源としています。

上記の動画のように、 広告ではあるものの、動画の内容やクリエイティブはYouTuberの独自性を尊重すしているような場合が多いですね。

一般的なテレビCMとは異なる個性的な プロモーション動画が制作されており、新しい形として広告出稿側の企業も注目している手法となります。

 

タイアップ動画を提供している企業は BtoCビジネスを展開するメーカーが多い傾向にあり、食品や玩具、・アプリ等の親和性が高い印象です。

あるカテゴリに特化した内容を配信しているYouTuberの場合、チャンネル登録者数の属性も把握しやすいという利点があり、企業としても集客や成約率の上昇に繋がるとして活用しているわけですね。

 

UUUMの事業内容・職種

UUUMでは主に、前述したような事業を含め、以下のような事業内容があり中途採用なども行っているようです。

 

クリエイターサポート事業

クリエイターサポート事業では、『動画ライセンスビジネス企画』としてYouTuberが作った動画を配信できるようにライセンスを取得し、サポートします。

そして、『YouTuberマネージャー』・『マネージャーアシスタント』という仕事内容もあり、芸能人のようにサポートしていくのです。

  • 動画全般の制作サポート
  • ノウハウのレクチャー
  • 素材・音源の提供
  • 新人クリエイターの発掘
  • スケジュール管理や取材の手配
  • イベントの企画・運営

といったYouTuberがコンテンツ制作に集中できる環境を作る仕事があります。

 

コンテンツ管理・企画編集

作成した動画の管理を始め、YouTuberが制作した動画が社会的に問題ないか、法律に抵触していないかなどのチェックをしてYouTuberを法律的に守ることが仕事です。

 

インフルエンサーマーケティング事業

インフルエンサーマーケティングとは、広告・プロモーションの企画や制作を担う仕事のこと。

その他にも『企画営業』や『動画マーケティングプランナー』など細部に渡るまで事業が別れ、効果的なWEB動画プロモーションを生み出すことを目的に、動画コンテンツの企画立案・動画制作の進行管理・スケジュール調整などを行っています。

 

ゲーム・メディア事業

ゲーム・メディア事業は、アプリの企画や制作も含まれます。

  • アプリエンジニア
  • サービスプランナー
  • 新規ゲーム企画ディレクター
  • WEBデザイナー
  • スマートフォンゲームの企画・開発
  • 動画コンテンツメディアの立ち上げ
  • 企画・制作メンバーのマネジメント

といった業務内容があります。

 

エンジニア系

  • フロントエンドエンジニア
  • サーバエンジニア

エンジニアにはこれらの種類があり、フロントエンドエンジニアはWEBデザイナーの設計を基に、コンテンツやアプリのフロントエンド側の設計・構築・カスタマイズを行います。

サーバエンジニアは、WEBアプリケーションフレームワークのSymfonyを用いた新規Webサービスの開発・設計・インフラ運用を担当しているようです。

 

オフィス業務

もちろん、事務系の仕事も行っており、経理や総務・人事・法務・広報などの管理業務は、他の大手企業と同じ様に設置されているわけです。

その他、事業企画、エンジニアとしてインターンシップ制度もあります。

 

イベント事業

UUUMではイベントの企画・運営も行っています。

最近では、サプライズで有名YouTuberたちの移籍を発表したりと大盛り上がりでしたよね。

このようなイベント事業は、大手音楽事務所であるエイベックスなども収益の柱としている程で、UUUMもこの事業に力を入れていくことで売上だけでなく、ファンへの距離感が近くなると考えることができます。

また、クリエイターの人気がさらに高まり、動画の再生回数だけでなく、グッズ販売やファンクラブ収益も上がっていくという相乗効果を生むことができるのです。

 

このように、YouTuberには表に立つことや動画撮影・編集に専念してもらい、企業との交渉やプロモーションなどの面倒な作業や営業はUUUMが請け負っている形ですね。

そうしてYouTuberを守っていく代わりに、前述した2つの広告収入から何割かをUUUMが得ているわけです。

 

UUUMの事業実績は?

UUUM,ビジネスモデル,実績,所属メリット

出典:UUUMの2018年5月期(17年6月~18年5月)連結業績(決算説明資料より)

UUUMは2013年6月に設立され、3期以降は黒字となり2017年8月末に東証マザーズに上場しました。

2017年第2四半期の業績は以下。

  • 売上高48億7300万円(前年同期比176%)
  • 営業利益2億5900万円(同110%)
  • 当期利益1億5900万円(同102%)

といった増収増益で創業以来、成長率の高い企業だということがわかります。

 

2018年5月期中間決算(6〜11月)によると、売上は48億7300万円と会社予想の37億7600万円を29%上回り、本業の利益を示す営業利益も2億5800万円と予想(5500万円)の4.7倍となっています。

そんなUUUMは2018年5月通期について、売上が29%増の89億7900万円、営業利益を12%増の4億円を見込んでいたようです。

創業から5年に満たないUUUMは、利益よりも売上のトップラインを増やすようにしているようですが、まだ拡大期であり販管費・人件費等の期初費用が増加しているため営業利益率は5%台と低いですが、将来的には10%超を目指すとのこと。

 

創業は2013年6月ですが、2017年8月には東証マザーズ市場にIPOを果たしています。

これは異常な成長スピードで、今までにない新しいビジネスモデルがヒットした影響だといえます。

もちろん、ヒカキンの功績は大きく、公開価格(2050円)の3.3倍となる6700円で初値を付け、その後6800円の高値を記録していました。

時価総額は300億円、PERは100倍を超える人気銘柄となっています。

今後は、売上げを大きく支えているクリエイターサポート事業だけでなく、グッズ・イベント・自社メディア・ゲームなどの事業の拡大を狙っています。

 

チャンネル登録者数ランキング

UUUM,ビジネスモデル,実績,所属メリット

UUUMの実績を支える主たる収益源であるYouTuberたちのチャンネル。

YouTuberの人気を測る指標でもあり、UUUMの開示資料でもみてわかります。

なんと国内TOP10のチャンネルの内、8割はUUUM所属のクリエイターのチャンネル。

他はエイベックス公式チャンネルと最近急上昇している子供向けチャンネルの『キッズライン♡Kids』のみです。

 

さらには100位の内、4割もUUUM勢のチャンネルで占められているのです。

ライバルであるVAZ社のヒカルは11位。

ラファエルが169万で33位と続いています。

 

しかし、2018年1月のYouTuberチャンネル登録増加数ランキングで上位10人の内、半数がバーチャルYouTuberになっている現状もあります。

2017年や2018年からスタートしたチャンネルにも関わらず、チャンネル登録数は急上昇しています。

この勢いが続けば、UUUMのライバルはバーチャルYouTuberとなるかもしれません。

 

動画再生回数

UUUM,ビジネスモデル,実績,所属メリット

動画再生数も右肩上がりですが、まだまだ新たなチャンネル企画を考案したり、所属クリエイターを増やしており底上げをしています。

YouTube市場の成長もありますが、UUUM所属クリエイターが増加したことで共演動画も増え、ますます再生回数を伸ばしているのです。

 

社長はどんな人?

UUUM,ビジネスモデル,実績,所属メリット

出典:https://www.uuum.co.jp/company-officer

代表取締役は鎌田和樹

19歳で光通信に入社して、27歳で子会社の社長に抜擢された経営手腕の持ち主です。

ガンホー創業者の孫泰蔵社長に出会って起業家としての影響を受け、29歳でUUUMを設立しています。

早い段階で、インターネットの普及によって誰もが主役になれる時代になると、その媒介役として、UUUMを立ち上げたのです。

YouTuberが抱える問題を解決したい、YouTuberの存在をもっと強めたいという考えが、事業の元になっています。

 

企業提携

UUUMは、代表を始め役員陣は名だたる企業の出身者が多数在籍しているだけでなく、創業から2年も経たずにYahoo! JAPANと業務提携するなどメディア業界初のビジネスとして圧倒的な注目を集めています。

現在は動画メディアのリーディングカンパニーとして1000名のクリエイター募集など更なる成長・事業展開に向けて積極的に挑戦し続けています。

そんなUUUMは、世界最大規模のメガ・エージェンシーグループであるオムニコムグループ傘下の戦略PR会社ブルーカレント・ジャパンは、マーケティングに活用する事業におけるパートナーシップ提携しています。

前述したように、YahooやGoogle Playとのコラボレーションもあり、YouTuberの戦略を活用して活躍の場を広げているのです。

すでに、ブルーカレントの顧客であるP&G、GoProなど数社がこの秋のPR施策への導入を決定しているほど。

 

就職することはできる?

UUUMは中途採用も新規採用も行っているようです。

特に20代は、向上心やポテンシャルを重要視しています。

今現在の知識や実力よりも、今後の伸びしろを期待しているようです。

30代は実力重視で採用していますが、即戦力となるかどうかはあまり重要視していないとのことで、前職が異なる分野であっても、本質的な能力があれば採用する方針。

 

YouTubeで求められるエンジニアの分野では技術の進化が早く、新しい技術がどんどん出てきます。

動画市場のリーディングカンパニー社員として、時代に取り残されないように普段からアンテナを張って情報収集ができるかが問われます。

UUUMはでは『セカイにコドモゴコロを』という理念があり、社員やクリエイター自身が『好き・楽しい』と思ったことを発信することで、ファンを獲得するという新たなエンターテイメントのあり方を追究しているため、そのような積極性が重要となります。

 

そのため、業務外での活動も評価対象になっており、自ら勉強会へ参加しては発表し、ブログ作成などもアピールポイントに。

オフィスは六本木ヒルズ37階のオープンフロアですが、社長室もガラス張りで、社員が経営層とコミュニケーションが取れるフラットな雰囲気です。

クレーンゲームや休憩スペースがあったり、講談社とコラボした関係で壁一面に漫画が描かれていたりと遊び心満載の会社ですので、遊び心を持ちつつも向上心を持って業務に取り組める人材を求めています。

 

YouTuberがUUUMに所属するメリットは?

UUUM,ビジネスモデル,実績,所属メリット

このような業務実態や実績のあるUUUMですが、所属するYouTuberたちはどんなメリットがあってUUUMに所属しているのでしょうか?

前述したように、UUUMとYouTuberの契約では手数料が発生しているわけですが、それ以上のメリットがあるからなんです。

  1. 動画に必要な音楽・画像素材の提供
  2. 動画指導(設定・作り方・視聴率アップなど)
  3. UUUM主催のイベントへの参加
  4. スキップができない広告を貼れる
  5. クリエイターに害を及ぼす動画から擁護してくれる
  6. 法律から守ってくれる
  7. マネジメント全般

このように、YouTuberがやりやすい環境作り・サポートをしてくれる上に、ワタナベマホトが事務所を移籍した理由でもお伝えしているように、他の事務所に比べて充実しているのです。

だからこそ、多くの有名YouTuberがUUUMへ移籍をしているわけです。

 

特に、圧倒的集客力やファン化が可能な『イベントへの参加権』はYouTuberにとってもかなりのメリットではないでしょうか?

最も大変な企画の部分を会社がやってくれるのであれば、YouTuberにとってはその力を利用しない手はないですよね。

 

情報の量・質

UUUMはもはやYouTuberに特化した企業と言っても過言ではなく、YouTuberの数や企業としての資金力もあり、圧倒的な情報量を持っています。

成功事例や失敗事例の数を、どれだけ大量に早く集めるかどうかで市場を独占できるかどうかがきまり、企業の売り上げに繋がるのです。

どこにも属していない場合、そこまでの上質な情報を得ることは難しいですし、速度も落ちます。

YouTuberにとっては集客もファン化も一人では難しいのです。

 

新規YouTuberはかなりおいしい

大手企業であるUUUMですが、YouTuberは割と簡単に所属することが可能なようです。

それこそ。YouTubeチャンネルを持っていれば、違法動画でない限り登録者数が100人以下でも所属していているYouTuberもいるようです。

 

その状態でも上記で挙げたようなメリットが得られるのであれば、かなりおいしい状況であることは間違いありません。

  • 大物クリエイターの所属
  • YouTubeとのパイプ
  • 上場企業のブランド

それ以外にもこのようなメリットがありますから、安心感も大きですね。

 

UUUMのビジネスモデルの実績・所属メリットまとめ

UUUM,ビジネスモデル,実績,所属メリット

UUUMの決算資料等によると、動画広告市場の規模は2016年で842億円でしたが、2020年には2700億円と約3倍以上に拡大すると予想しているほど。

アメリカでは動画広告市場はテレビ広告市場の14%に達しているものの、日本ではまだ4%であることから、今後上昇していく可能性が高いとみているようで、YouTube市場もまだまだ伸びていくでしょう。

UUUMの強さは専属クリエイターの多さ、そして知名度の高さです。

ヒカキンやはじめしゃちょーとっったランキングトップクラスのYouTuberを数多く抱えているため、今後もまだまだ成長するに違いありません。

また、新規YouTuberを育成するためのチャンネルやリアル・イベント、グッズ発売などにも積極的ですし、今後もYouTube市場の中心となって引っ張っていく企業となると考えられます。

SNSでもご購読できます。