30代主婦の節約術!節約して毎月貯金して150万円貯めた方法!

みなさんは節約を頑張れていますか?私も元々は節約ってどうも苦手でした。

節約は始めると、制約ができてしまって窮屈で、苦しい・・・というイメージがあったんですよね。

 

しかし、お金をセーブすることができると、貯金ができて、心に余裕が生まれるという嬉しい事実が、ここ数年節約にチャレンジしてみてわかりました!

いざやってみると、それを習慣にしてしまうと、そんなに窮屈と感じることもなく、むしろゲーム感覚で面白いものでしたよ♪

 

そこで、今回は、30代主婦である私が実際にやっている節約術をご紹介していこうと思います!

本当に節約して、毎月貯金して、2年間で150万円貯めることができたという方法ですので、すぐに活用することができますよ!

最後までチェックしていってくださいね!!

 

食費節約のコツ!

主婦,節約術,30代

まず、節約をする上で最初に向き合いたいのは、毎日出費する『食費』に関してです。

食費は、制約を作らないと、上限なく増えてしまうものですから、まず最初に見直すべき費用です!

 

 

外食を減らす。自炊にする。お弁当にする。

基本的なところですが、まずは節約のためには外食を減らすのが大切です。

一回の外食で数千円分も使ってしまうとなると、およそ1週間分の食費を使ってしまう・・・なんてことも起こりかねませんので、節約を心がけているのであれば、極力外食は控えたいところです。

私の場合、毎月2〜3回は行ってしまっていた友人との外食を1回程度に控えるようにしたら、1回あたり5000円程度かかっていた金額2回分をセーブすることができたので、月で10000円も節約することができました。

実際のところ、飲んでしまうと、5000円では収まらず、2件目、締めにカラオケ〜なんて行ってしまうと一気に1回の飲みで1万円以上もいってしまうこともありましたので、実質これ以上の節約になっていると思います。

また、これは夜の飲みではなく、ランチのティータイムなどに切り替えるだけでも、数千円を浮かすことができるので、外食のコスト単価を下げるというのも大きな手です。

 

会社通いでお昼はおしゃれなランチを食べてしまってる・・・という方は一度、お弁当にシフトチェンジすることができないかを考えてみてください。

お弁当を作る暇なんてないよ!なんて思っている方も、やってみたら意外と簡単に時短で用意することができたりします。

例えば、私は、夕飯を多めに作って、そのメニューを全部翌日のランチ用のお弁当に詰めていました。

時間ももったいなかったので、私は夕ご飯をもぐもぐと食べながら別の箸を使って、翌日のお弁当を詰めていました!すると、夕飯を食べている間にお弁当が完成してしまうんです♪

連続で同じメニューなんて飽きそう・・・なんて思うかもしれませんが、一晩寝て、翌日の朝食も挟みますので、意外と新鮮な気持ちで食べることができますよ!

 

これならお金も余分にかかりませんし、原価で考えてもかなり安く済みます。メニューにもよりますが、原価で100円程度で済んでしまうこともありますよ。

私の場合、毎日900円程度のランチやコンビニお弁当を食べてしまっていたので、これで一月18000円も節約することができました。

同僚と外のおしゃれランチなんてしてしまうと、ランチ1食で1500円程度かかってしまうなんてこともありましたので、実質、18000円以上の節約になっていると思います。

外食だとついついカロリーオーバーしてしまいがちになりますが、お弁当なら自分の裁量でカロリーオフもできますし、良いことばっかりですよ♪

 

水筒で水やコーヒー、ジュース代も節約!

お弁当と一緒に水筒を活用すると、かかるコストはさらに節約することができます。

飲み物は1日1本は少なくとも購入してしまっている人が多いと思います。

 

例えば、ランチタイムに1本ペットボトルのお茶を会社の日に買ってしまっていたら、ペットボトルが1本160円程度だとして、月に3200円もかかっています。

そして、お昼過ぎには休憩でコーヒーを飲む人もいるでしょう。これが120円程度だとしても月に2400円。これで月に5500円!

一生懸命自炊をしたとしても、コレで台無しになってしまいます。

そこで、水筒に変えることができれば、これが節約できるようになるわけです。

スターバックスなどで高いコーヒーなどを日常的に買ってしまっている人はこれ以上の金額を使っているという計算になりますね。一度、月々にかかっている金額を見直してみると、かなり大きな金額になっていることがわかると思います。

会社に給水機があるのなら、マグカップを利用したり、お湯が出るのであればティーパックやインスタントコーヒーを持っていくなどすれば、バラエティーに飛んだ飲み物を安価で楽しむことができますので、こんな対策を是非してみてください。

 

肉や魚は冷凍保存で節約

続いて、日々の自炊にかかるメイン食材である肉や魚についての節約方法をチェックしていきましょう。

ちなみに、私の場合、旦那と私の2人暮らしですので、独身の方は私の節約した金額の半分程度として考えて、お子さんなどがいる場合は、この費用に少しプラスして考えてみてください。

 

まず、肉や魚はまとめ買いの冷凍保存がカギです!これをするだけで、1ヶ月で6000円程度の節約をできています。

お肉や魚は、2週間に一度程度、大型スーパーや業務用スーパーで業務用のものを購入し、1回分毎に小分けにポリ袋に分けて、冷凍保存をしています。

私の場合、2週間程度で使い切るようにしていますが、冷凍すれば、1ヶ月程度は持つようですよ!

 

この対策をするようになってから、買い物の回数が減ったので、無駄な買い物をしてしまう頻度が減り、業務用なのでグラムあたりの単価も圧倒的に安く済むようになり、一気に買って調節しながら使うので、無駄な量の肉や魚を買う必要がなくなったので、大幅な節約になっています。月6000円以上節約の効果はあると感じています。

買い物に行く手間もなくなりますし、冷蔵庫の中身を把握しやすくなるので、献立も考えやすくなりますのでおすすめですよ♪

魚の場合、少し味が落ちるのを感じますので、できれば冷凍前に食べるようにしていますが、お肉に関しては味の劣化はさほど感じませんので、ストレスもありません。

鶏肉、豚肉、ひき肉、牛肉・・・と数種類のお肉を買っておけば、飽きることなく献立を回していくことができますので、本当に楽になりますよ!

 

野菜は傷まないように保存、こまめ購入、旬の野菜で節約

お肉やお魚は冷凍保存で対応できますが、野菜はそうもいかないですよね。

私の場合、野菜は、お肉などよりもこまめに購入するようにしています。

買い物の頻度が増えてしまうことで無駄な買い物が増えてしまいそうなところですが、お肉や魚などのメイン食材が冷凍庫にあるため、それに合わせた野菜を購入すればいいだけなので、あまり無駄な買い物はしないで済みます。

 

そして、野菜は傷まないように保存をすることで、かなり大きな節約になります。

レタスには芯の箇所に楊枝を刺すことで、水分が行き渡りやすくなって傷みづらくなりますし、アスパラガスなどは、縦の方向で冷蔵庫に入れることで傷まずに長期間保存できます。

また、ものによっては冷凍保存をできるものもあります。

私の場合、ブロッコリーなどは茹でて小さく切った後に冷凍庫で保存をしたりします。炒め物などに使う場合は、冷凍したものでも問題なく使うことができるのでおすすめですよ。

また、旬の野菜は安くなっていることが多いので、積極的に採用するようにするのもおすすめです。

旬の野菜は栄養価が高いですし、いつもと違った献立になるので、新鮮な気持ちで食事を楽しむことができますよ♪

これで少なくとも月に3000円程度は節約することができています。

固定費節約のコツ!

主婦,節約術,30代

食費の次は、毎月必ずかかってしまう固定費の節約のコツをチェックしていきましょう。

普段何気なく使ってしまって、かかっている固定費ですが、ここを見直すと、かなりの金額を節約することができますよ!

 

携帯料金を格安携帯にしてコストダウン!

毎月の携帯代金は多い人だと1万6千円〜2万円くらいかかっている人もいますよね。

私の場合、ソフトバンクで、月々1万3千円程度かかっていました。

しかし、UQモバイルの格安携帯に変えてからは月々4000円程度のコストに抑えることができるようになりました。

月におよそ9000円の節約です・・・。これは大きいですよね!年間でいうと10万8千円も節約できているということになります。

格安携帯にしたからと言って、特に不便に感じている点もありませんし、本当におすすめですよ!

 

UQモバイルに限らず、IIJmioやLINEモバイル・楽天モバイル、mineo・UQ mobileなども人気の格安携帯ですので、一度調べてみて、気になるものを見つけたら、家電屋さんの携帯コーナーで相談してみると、自分にぴったりのプランを紹介してくれますよ。

1日で完結することができますので、是非乗り換えてみてください。

 

生命保険等を見直す

生命保険も、会社に専属の保険会社の人におすすめされたものに適当に入っていたりしませんか?

毎月数万円の保険料を支払っているのであれば、一度その内容も見直した方が良いでしょう。

 

私の場合、某保険で12000円程度毎月支払っていたのですが、保険の窓口で本当に自分が欲しい保険内容を見直してみたら、月々の保険料は5000円程度まで引き下げることができました。

しかも、保険の補償内容はそこまで変わらずに、満足のいく内容のままでしたので、今まで本当に無駄に使ってしまっていたんだな・・・と後悔しました。

旦那もその窓口でファイナンシャルプランナーの方に相談したところ、月の金額で約6000円程度額を減らすことができました。

しかも、旦那が入っていた保険は年々支払い額が上がっていき、60歳になると月々の保険料が5万円程度まで上がっていく保険だったので、今変更できて、本当によかったです。

みなさんも、今は大丈夫でも、今後金額が引き上がっていく保険もありますので、今のうちに見直しをしておくのをおすすめします。

加入時の年齢で月々の支払い額も変わってきますので、できるだけ早く動いた方が良いですよ!

 

クレジットカード払いでポイントを貯めよう!

クレジットカードも上手に使うと、それだけで大きな節約をすることができます。

 

普段の生活費や固定費などをクレジットカード支払いに変えると、ポイントを自動的に貯めていくことができます。

ふだんの食費や、公共料金、ガス代、電気代、スマホ代や交通費などクレジットカードを使うだけで、月々3000円程度ポイントをつけることができているので、年間で4万程度のポイントを得ることができています。

すべて一括払いにすれば手数料は無料ですし、年会費もずっと無料のカードを選べば、得しかありませんよ♪

 

クレジットカードは浪費を産んでしまいそうなイメージを持ちがちですが、危険なのは、予定にない高額な商品を買うなどの浪費をしてしまったり、リボ払いや分割払いで手数料を取られてしまうからです。

クレジットカードは上手に使うことができれば、こんな風にお金を作ることさえもできるので、是非、考え直して利用してみてください。

 

家計簿をつけること!

主婦,節約術,30代

そして何よりもやはり節約をするためには、家計簿をつけたり、自分が何にどれくらいお金を使っているのかを把握することが必要です。

自分が普段なににお金を使ってしまっているのか、支出を記録して自分のお金の流れを理解するようにしましょう。

そのために、一番わかりやすいのが、家計簿をつけることです。

 

お店でレシートや領収書を必ずもらうようにして、光熱費や電話代など送られてくる領収書も必ず保管し、どこにどれくらいお金を使ってしまっているのかをチェックする必要があります。

家計簿はノートに手書きで作っていくものというイメージがありますが、現在はパソコンの家計簿ソフトやスマホのアプリなど、簡単にできるものが多くありますので、ストレスなく自分が続けられそうなものを選択するようにしてください。

 

何にいくら使ったのかが明確になると、自分がどのようにすればお金を節約することができるのか、なにをすれば年間で何円貯めることができるのかがわかってくるようになります。

スマホの家計簿アプリは日々進化しており、今ではレシートをカメラで撮影すれば金額を読み取ってくれるものもありますので、本当に簡単ですよ!

アプリによっては、日別の支出金額や月ごとの費目別構成、月別の支出金額や費目の推移などをグラフ化してわかりやすく表示してくれるものもあります。

 

なんとなく節約していると、窮屈になってしまいますが、このように自分が使っているお金を理解することができれば、逆に何円までなら使って良い・・・というように、もっと自由に使えるお金が増える場合もあります。

まずは、自分がどんな家計簿ならストレスなく続けられるかを探してみて、1ヶ月続けてみてください。

これだけで、今後自分がどのように家計と向き合っていくべきかがわかるようになりますよ!

 

30代主婦の節約術!節約して毎月貯金して150万円貯めた方法!まとめ

主婦,節約術,30代

今回は、30代主婦である私が実際にやっている節約術をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

今回ご紹介してきた方法で、私が毎月節約できている金額の内訳を見てみると、このようになっています。

  • 外食節約:月10000円
  • ランチ節約:月18000円
  • 水筒節約:月5500円
  • 食費節約:月6000円(肉・魚)+月3000円(野菜)
  • スマホ料金節約:月9000円
  • 生命保険節約:月7000円
  • クレジットカードポイント節約:月3000円

計、毎月61500円です。

かなり大きいと思いませんか?

時給950円のアルバイトなら、月々64時間程度働かなくちゃいけない金額というわけです。

 

これを数ヶ月、数年と続ければ、かなり大きな金額をセーブできることになります。

私の家庭の場合、共通の支払いは食費のみで、他はそれぞれの財布で補ってますので、家族で計算すると、スマホ代や生命保険代、クレジットカード代や外食代などは倍になります。

・・・かなり大きな金額になると思いませんか?

 

私はこの生活を2年間続けているので約150万円も節約して貯金することができています。

本当に私自身が節約して、毎月貯金して150万円貯めた方法ですので、まだやっていない節約技の発見がありましたら、是非これから取り入れてみてください。

特に固定費などは、一度見直せば自動的にお金を節約して貯めていくことができますので、本当におすすめです。

食費に関しても、買い物頻度を少なくすることで手間も減らすことができたりと節約以外にも嬉しいポイントがたくさんありますので、是非一度取り組んでみてくださいね!

SNSでもご購読できます。