主婦の仕事復帰が怖い場合や復帰のタイミングとは?

主婦は家にいるだけでも家事という仕事をしているものの、世帯収入を上げているわけではないので『お金を稼がないと』『少しでも稼ぎたい』と家計のことを考えることは多いですよね。

  • 子供がまだ小さいし不安
  • どのタイミングがベスト?
  • しばらく仕事をしていないから復帰が怖い

しかし、このような悩みを抱えている主婦はものすごく多く『そろそろ働きたい』という想いをすぐに実行に移すことができないんです。

 

主婦の方が仕事復帰が怖いと感じている場合、適切な復帰のタイミングはあるのでしょうか?

その条件や様々な選択肢を確認していきましょう。

 

主婦の仕事復帰が怖い場合は?

主婦,仕事復帰,怖い,タイミング

子育ても一段落し、家にいても手持ちぶたさで『そろそろ仕事に復帰しようかな・・・』と思うもの。

様々な事情の中で、結婚や出産を機に仕事を辞め、主婦として家庭に入ったものの『また働いた方がいい』という夫にはあまり伝わらない想いがあったりしますよね。

 

しかし、仕事を辞めてから復帰を決意するまでの期間が長ければ長い程不安は大きいもの。

むしろ『怖い』という気持ちにすらなってしまうことも。

どんな想いを持ち、それをにどう対応していくべきかみていきましょう。

 

家事や子育てとの両立

もともと家事全般を担当していた主婦が働きに出るということは、何かしらいつも通りではなくなる、ということ。

  • いつもキレイだった部屋が片付いていない
  • いつもの時間に食事ができない
  • いつもいたお母さんがいない
  • いつもすぐ洗ってくれた洗濯物が・・・

と、旦那はもちろん、子供にまで不安やストレスを与えることになり兼ねません。

ますはそういった周囲の気持ちに対して『どう両立するか』ということを考えますよね。

 

しかし、事前に時間を掛け、家族全員の理解があった上で働きに出るべきです。

そうでないと仕事に集中することもできませんし、結局家事や育児とのバランスも取れなくなってしまうことに。

それに、たとえ数時間のパートであったとしても、仕事が終わって自宅に帰ってからも、家事や子育てに大忙しと言う方がほとんどです。

家族のサポートがなければ、限界に達しやがてお母さんが限界を迎えてしまうのです。

 

家族とよく話し合い悩みを共有し、家族全員で役割分担を決めていきましょう

そのことによって家族の絆も深まりますし、仕事も頑張れるはず。

また、子どもが病気やケガをした場合に、周りに子どもを預けられる場所があるか確認するなど、どのように対応するか相談しておくとよいでしょう。

 

旦那の意見

結婚を決め、子供を授かってから主婦業に専念することにしたのも『旦那の強い意見があったから』という人は多いでしょう。

『働きたくても働けない』という人の中にはこういった人もいるのです。

特に子供が小さい場合にはその傾向が強いでしょう。

かといって、旦那の給料が上がるわけでも、生活が楽になるわけでもない。

 

その場合、男性は理論的に話されると納得しやすいため、数値を出しながら具体的に将来をシュミレーションして主婦が働く必要性をプレゼンしてみましょう。

自分の妻にそこまでされてしまえば、ある程度納得せざるを得ないでしょうし、プライドが高いままでは一生得をしないことに気づかせてあげましょう。

 

家事や育児に関しても旦那の協力は絶対に必要であり、それがあってこその結婚なはず。

旦那は仕事以外で自分の負担が増えることを極端に嫌う場合も多いでしょうが、事前に話し合いを持つ時間を作りながら考えをすり合わせていくべきです。

仕事へ復帰する際のメリット・デメリットも明確にしておくといいでしょう。

 

周囲の目が怖い

主婦が仕事に復帰した際に一番不安なのは、子供の急病などで急に休んだり早退した時に『周囲に迷惑を掛けないか』・『周囲からどう思われるだろうか』・『理解を得られるのか』という問題が立ちふさがります。

これはどんな女性でも持つ不安です。

その場合は『主婦が多い職場』を選択していきましょう。

 

人は自分が体験していないことを理解することは難しく、バリバリ働いている独身男性や女性にあなたの事情や気持ちを理解することなんてできないのです。

表面上は『仕方がないね』と思っていても『あなたがいないせいで仕事が増えた』なんて思ってしまうもの。

これは人間ですからどうしようもない感情ですし、ある意味当たり前なのです。

また、子育て一段落している世代に関しては『そんなことで・・・』とか『私たちの頃は・・・』と勝手に比較してきて今の主婦の現状を理解することはできないのです。

 

ですので、働く主婦が多く、なおかつ小さな子供を持つ主婦が多い職場を選択するようにしましょう。

子育て真っ最中という人が多い職場は、その大変さをリアルに実感しているので、持ちつ持たれつという感情を持ってくれています。

 

仕事復帰までのブランクが長い

家事や育児に集中している間は、なかなか本格的な『仕事』という作業は少なくなってきますよね。

子供が幼稚園や小学校に通っている場合ですと、何かと役割りを振られることがあるので、その辺りでの『仕事』はこなしていけるでしょう。

コミュニケーションや仕切りは思った以上に大変なものです。

 

ただ、現場から長期間離れている中で、仕事に復帰するということは『環境の変化』があるわけですし、誰でも不安です。

知らない人、初めての作業などストレスのかかることばかりです。

もともと資格を持っていれば尚更、高い技術を要する仕事に対して不安を覚えるでしょう。

 

それでも、やはり同じような境遇の人が多く仕事をしている職場を選択し、優しく対応してくれる環境を選択しましょう。

とにかく行動に移さないといつまでも不安は消えないものですし、持っていたスキルや感覚も戻っては来ないのです。

もしくは感覚を掴むために、短時間のパートから始めてみるのも良いでしょう。

 

超短期パートであれば、深い業務知識やスキルがなくても、すぐに作業に取り組むことが出来る仕事がほとんどです。

はじめの一歩を踏み出すことが出来れば、自信もつきますし、次のステップにもつながります。

 

主婦の仕事復帰の適切なタイミングは?

主婦,仕事復帰,怖い,タイミング

そんな不安な中でも、仕事復帰を決意している主婦の方ですが、実際に働くとなれば適切なタイミングは一体いつなのでしょうか?

主婦がもっとも意識する子供の成長段階別に確認していきましょう。

 

0〜3歳までの乳幼児

0〜3歳までの乳幼児がいる場合は、まだまだ目が離せないためなかなか仕事復帰も決断し辛い時期でもあります。

  • 保育園へ預けられるか
  • 病気にならないか
  • ママと離れて過ごせるか

などなど、自分1人で身の回りのことができないのでケアが必要の子供は不安だらけですよね。

 

1歳に達してしまうと、保育園がなかなか見つかりにくかったりする傾向がありますが、0歳のうちですと以外とすんなり預けることができ、仕事から離れていてもブランクが短いので復帰後に慣れるのも早いでしょう。

ただ、仕事から帰宅後は仕事で疲れた身体でも、家事をやり子供を寝かしつけ、という状態は続きますね。

 

3〜6歳までの幼児

この年齢になると、働く前提で保育園へ入る決断をする必要があります。

0〜3歳までの時期では主婦のままでもいいですが、この3〜6歳の時期はどの道幼稚園か保育園を選択することが多いでしょう。

働くと決めているのであれば、保育園を選択する必要があります。

それに、幼稚園だと長期休暇もありますし、親が参加するべき行事や役割りも多いのが現状です。

働くママの気持ちを理解されにくい環境でもあり、参加できないことへの理解も得にくいでしょう。

 

しかし、例え仕事に復帰するとしても、子供はお母さんと離れることを極端に嫌う時期です。

それに不安も強くなってしまう。

仕事に復帰できたとしても、子供へ配慮を怠らないようにしましょう。

 

小学校低学年

小学校へ入学と同時に仕事復帰となると、子供も環境の変化があり、なおかつ入学したとはいえ帰りが早いです。

しかし、幼稚園の頃と比べればずっと時間ができるので、働き口も探しやすいでしょう。

ただ、仕事復帰までのブランクは相当に長いので、少しずつできることから始めてみることを心がけましょう。

急にフルタイムで働くのも大変で負担にしかなりません。

 

また、小学生の場合は放課後の学童保育などがあります。

そして、このくらいの年齢になれば、おじいちゃん・おばあちゃんにお願いしたりすることもできますよね。

もし、小学校入学まで仕事復帰をしていない場合は、子供にとっては不安が強いので、預け先や費用を準備しつつ、入学という環境の変化が落ち着いてからにするといいですね、

 

小学校高学年

高学年にもなればある程度自分のことは自分でできるようになり、親の話も理解できるようになっていますよね。

きちんと家庭の事情やお母さんのスケジュールを伝え、子供に不安を与えないよう、伸び伸びと育てていきましょう。

 

ここまで仕事に復帰していなかった場合は、かなり長いブランクがあるため不安も大きいはず。

短時間のパートや簡単に始めることのできるものから検討していくべきです。

もともと資格を持っていた場合でも、きちんと研修を受けることのできる就職先を選択して、いきなりフルタイムで働かないようにしましょう。

よほど自信があったとしても、今まで以上に人間関係を間近で意識しなければならず、相当なストレスを感じて耐えられなくなってしまうこともありますので。

 

働きたいと思った時がタイミング

結婚をして、子供を生んで、それからわかることはたくさんあります。

むしろ、やってみないとわからないことの方が多いでしょう。

ですので、主婦になって子育てして『この状態で働くなんて無理』と思う方もいれば『家事と育児だけじゃなんか物足りない』・『そもそもお金がない』という気持ちを持つようになり、思った方向へ進む方が一番いいでしょう。

なんとなくでは仕事に復帰しても中途半端で辞めてしまう可能性も高いですし、結果的に時間の無駄をしてしまう。

ママともとランチやお茶をしている時間や余裕があるのであれば、あとはやる気次第だということですね。

 

会社に所属していて育休中という主婦は、1年という育休期間を終えてから職場に復帰するという場合が一般的。

しかし、実際には育中の1年を経たないうちに『保育園に入れない』という理由で半年間ほどで仕事へ復帰せざるを得ないという主婦もいるのが現状です。

一方で、専業主婦は、子どもが幼稚園に入れる年齢になるまでは育児に専念して、幼稚園入園を待ってから働き始めるというパターンが多いでしょう。

だからといってどの時期に復帰するのが正しい、というものはありません。

  • 子どもが体調を崩しやすい時期は育児に専念する
  • 早く働きたい場合は早めに復職を検討する

このような状況に併せて家庭の方針を相談し、優先度を付けて決定していきましょう。

 

高校入学ではもう遅い

復職はいつでもいい、という言い方をしたかもしれませんが、子供が中学生以降や高校生になってしまってからのタイミングでは遅いです。

子育ての感覚からすると、中学を卒業するとほとんど手もかからなくなりますし、むしろ家にずっといるほうが子どもとぶつかるようになるので、再就職はよいタイミングのような気がします。

また、高校の学費負担や大学の学費負担が増えることを考えても、高校入学から再就職すればタイミングはぴったりではないか、と思うわけです。

 

しかし、増えた学費負担を再就職による年収増でバランスしようという発想は、学費には対応できても高校の入学金には対応できませんよね。

さらに3年後にかかるであろう大学や専門学校の入学金を準備する余裕もなかなか作ることができないのが現状です。

また、高校入学のタイミングですんなり就職先が見つかるかどうかも難しいところですし、必要なお金の準備そのものが難しくなってしまうことも十分に考えられるのです。

 

小学校の高学年~中学入学あたりがタイミング?

このように、仕事復帰の時期はある程度限定すべきですし、もし前職があるとすれば『キャリアの賞味期限』があります。

求人に応募するとき、具体的なキャリアがあっても10年も空くと、即戦力とはみなされなくなるでしょう。

自分自身も履歴書には書きにくくなりますよね。

かなりいい資格であっても、ブランク長すぎると鮮度が落ちてしまうのです。

 

また、今感じているように、自分自身の不安も大きくなっていく一方ですよね。

例えば10年以上もブランクがあると資格を持っていても『自分の能力はもはや通用しないのではないか』とか『今さら再就職してやっていけるだろうか』などの不安の方が大きくなってしまうものです。

これは思っている以上にハードルになるなってしまうものですので、動き出すのであれば少し早いと思っているくらいがちょうどいいかもしれませんね。

 

主婦が仕事復帰をする適切な条件は?

主婦,仕事復帰,怖い,タイミング

そして、主婦の方が仕事に復帰する際には、とにかく何でもいい、というわけではなくある程度の条件が揃っているところを選択するべきでしょう。

専業主婦が仕事を探すとなると、独身の頃のように融通が利かないことも多々あります。

働いてから後悔することのないように、家庭のことも考えて慎重に考えなければいけません。

自身の生活に合った仕事を見つけるために、あなたが仕事に求める条件を明確にしましょう。

 

勤務時間帯がいくつかある

仕事復帰までの期間にもよりますが、今までにないほど家庭にいる時間が多いでしょうし、いざ仕事に行くとなると誰でも不安です。

まずは短時間で働きながら徐々に時間を伸ばしていって、収入を上げていく方が良いでしょう。

つまり、いくつかの勤務帯や融通の利く職場が良いでしょう。

短時間で高収入は望めませんが、フルタイムよりも家事や子育ての時間が確保しやすく、自分にも家族にもそれほど負担をかけずに働けますよね。

 

勤務地が近い

子供が幼い場合、それこそ小学生低学年から幼稚園・保育園に預けて働く主婦としては、急なお迎えにも対応できるよう、自宅や教育機関、職場との距離が近い方が安心です。

また動線を考えて、仕事帰りに買い物やお迎えを済ませて帰宅できる勤務地だと、時間を効率よく使うことができます。

 

シフトの融通が利く

子供が長期休みの時期や急病の場合でも休みを確保できる職場であると尚いいでしょう。

もちろん、早退しても嫌な顔をされないよう、働く人達も理解のある主婦の方が多い方がいいですね。

子育て世代の方が多く働く会社や、数人で同じ業務を行っているところでは、急な休みや早退に対して周囲の人たちの理解が得られ、柔軟な対応をしているところが多いのです。

 

休みの曜日や勤務時間が決まっている

子供に合わせて土日祝日の休みに合わせて休日を取りたいということも対応してきれるところがいいです。

最初にそこをはっきりしていあいないと、『誰かが休んだから出勤してほしい』・『忙しいので残業をお願い』なんてことも有り得ます。

自分の働ける曜日と勤務時間は、明確にして、それを了承してくれる職場が良いでしょう。

先に伝えておかないと、後からどんどん要求が増えていくので注意して下さい。

 

このように、自分なりに仕事をするうえで大切にしたいことをまとめて、優先順位を決めておくべきです。

仕事に求める条件が多ければ、条件をすべて満たす職場を見つけることは確かに難しいですが、優先順位を決めて上位いくつかに当てはまる仕事を探していくと、選びやすくなりますよ。

 

主婦が仕事復帰をする上での選択肢は?

主婦,仕事復帰,怖い,タイミング

主婦が仕事を復帰する上では、ワークスタイル・ライフスタイルを検討した上で決めていくべきです。

最初に決めておきたいのが、どのくら働くか?ということ。

1日何時間、週に何日働けるのかを決めて仕事の属性を決定してくべきです。

希望する勤務時間によって、雇用形態が変わってきます。

それぞれの雇用形態の働き方スタイルをみて、どのスタイルが自分に合っているかを考えましょう。

 

正社員

フルタイムで働くパターン。

毎月の給料も安定していて、社会保険にも加入できますし、福利厚生も充実しています。

さらに、雇用期間が決まっていないところがほとんどなので長く働ける安心感もあるのが魅力です。

 

一方で、入社直後は時短勤務制度は利用できないケースがほとんどで、フルタイムでの勤務を覚悟しておかなければなりません。

おそらく研修期間もあるでしょう。

正社員で働くのであれば、残業の有無や有給などについても確認しておきましょう。

責任ある仕事を任されることが多く、家事と仕事の両立に不安を感じている方は、慎重に検討していくべきです。

 

扶養についても

正社員になると、ある程度の年収を確保することになります。

年収150万円を超えると旦那の扶養から外れることとなり、配偶者控除を受けることができなくなります。

また、勤務時間が決められているので、自分の自由がきかないことも主婦としてはデメリットになることを念頭に入れておかなければなりません。

それでもしっかり自分のキャリアを取り戻したいという人は、まず正社員を目指して動いてみましょう。

 

契約社員

契約社員は正社員と違い、雇用期間に規定があるということを知っておかなければなりません。

また、正社員とは給料や福利厚生に差がある場合もあるので、応募する前に確認しておきましょう。

 

メリットとしては、契約社員で募集しているところの中には、『社員登用制度』がある会社もあること。

仕事や職場環境に慣れてから正社員を目指せる制度なので、最初から正社員で働くよりもハードルは低くなります。

 

派遣社員

派遣社員の最大のメリットは、時給が高いこと。

探した方としたは今ではとても簡単で、ネットで人材派遣会社に登録をすると勤務先を紹介してもらえます。

雇用契約が実際に働く会社との間には無く、雇い主は人材派遣会社となります。

派遣会社が仲介してくれるので、就職活動も容易であり、就業後のサポートも充実していることろが魅力。

時給制が一般的で、社会保険も派遣会社で加入することができるのです。

 

パートと派遣社員の人が一緒に同じ仕事をしていても、時給が300円以上も違うケースがあります。

同じ仕事をしているのに派遣会社を通しているだけで時給が違うのです。

また、条件に関する交渉を本人が行わなくてよいのも大きなメリットです。

基本的に会社との交渉は派遣会社のコーディネーターが行うので、上司との面倒な話し合いなどはありません。

 

派遣のデメリットとしては、雇用期間の不安定さがあります。

派遣は期間を決めて就業し、更新するか否かは状況によって大きく左右されます。

内容によっては非常に短期間で終了してしまうこともあるので、安定性においてはやや不安な部分があります。

 

パートタイム

時給制で働く一般的な働き方。

シフトで勤務時間が組まれているので時間管理がしやすい点がメリットです。

正社員と比べ賃金はかなり安く、福利厚生などもないですが、自身の希望に合わせた働き方が出来るという点から、パートタイムという雇用形態を選ぶ主婦の方はたくさんいます。

働きやすさという点では正社員より間口も広く、時間的にも融通が利きますが、保障面においては圧倒的に正社員が有利ということになります。

 

在宅ワーク

在宅ワークとは、家にいながら働き報酬を得る方法。

内職などもそうですが、今では『インターネット』を活用し、より効率的に稼ぐことが可能となります。

スマホはもちろん、パソコン1台で数万〜数十万稼ぐ主婦はどんどん増えていますので、とにかくストレスなく自分のペースで働いて稼ぎたい、という方にはおすすめです。

詳しくは以下の記事でまとめていますので、参考にしてみてください。

>>在宅ワークで稼ぐ方法

 

主婦が仕事復帰をするタイミングまとめ

主婦,仕事復帰,怖い,タイミング

専業主婦の人が働き始めるのは簡単ではありません。

保育園の待機児童の問題や、勤務先との条件がうまく合わないこともあります。

ただ、同じように専業主婦から頑張って働いている人はたくさんいるのも事実。

確かに忙しいですし、旦那の協力が得られない時にはどうしようもない気持ちになったりもするでしょう。

ただ、子供や家計のことを考えるとそうも言っていられませんし、自分の人生だってあるはず。

自分にとっても豊かな人生になるよう、適切な判断をして周囲の協力を得た上で復帰を目指していくべきです。

SNSでもご購読できます。