youtuberのヒカルが情報商材詐欺で逮捕?販売していた情報商材とは?

youtuberのヒカルさんが過去に情報商材の詐欺で逮捕されたという噂が立っているようですね!

ちょっと前に、ヒカルさんはVALUのインサイダー取引疑惑でニュースでかなり話題になりましたから、過去に行なっていた案件も怪しいという動きが活発になるのも当然の流れかもしれませんね!

 

そこで今回は、そんなyoutuberのヒカルさんは過去に情報商材詐欺で逮捕されていたのか?そこで販売していた情報商材とはどんなものなのか?をチェックしていきたいと思います!

 

youtuberのヒカルってどんな人?

youtuberのヒカルが情報商材詐欺で逮捕されたことがあるって本当?販売していた情報商材はなにで、なにが法的にアウトだったの?人気youtuberのヒカルは情報商材を販売していたころに詐欺で逮捕されてたのは事実?販売していた情報商材やヤバい販売方法とは?

引用:https://digiday.jp/publishers/bij-insider-of-youtuber/

まずは、youtuberのヒカルさんはどんな人なのかをチェックしていきましょう!

youtuberのヒカルさんは、youtuberとしてからの業績の方が目立っているので、あまり知られていませんが、元はインターネットでの成功報酬型広告業務や広告代理業務などからインターネットでのビジネスをスタートさせた方です。

 

現在はチャンネル登録者270万人にまで登っている、大人気youtuberです。

youtuberのヒカルさんは、元々はゲーム実況チャンネルヒカルゲームズで3年間活動してました。

 

2016年11月5日にNextStageに所属し、NextStageの運営母体であるVAZにも動画クリエイター兼、役員として所属しています。

 

ニュースでも話題になったVALU大炎上事件で、2017年09月04日から無期限活動停止をしていましたが、2ヶ月後の2017年11月18日には復活しています。

 

性格は、ビックマウスの自信家という見解をされていることが多いようです。

交際相手も有名な女性youtuberで、付き合いを隠している様子は無いようですね!

 

youtubeの内容は、お金を使って様々なものにチャレンジするという内容のものが多いようで、そのイメージから、かなりお金持ちだといわれています。

年収は5億円だという風に公言もしており、VALU大炎上事件で知名度が上がったこともあり、あの週刊文春などでもプライベートを探られるほどに注目度の高いyoutuberです。

 

 

youtuberのヒカルは情報商材詐欺で逮捕されてた?

情報商材,ヒカル,逮捕

それでは早速、youtuberのヒカルさんは情報商材で過去に詐欺で逮捕されていたのかをチェックしていきたいと思います。

調べてみたところ、実際のところ、情報商材を販売していたのは事実のようですが、そのことで逮捕されたという事実は無いようです。

 

しかし、その行為に『詐欺』と囁かれるような要素があったということが判明しました!

その内容とはどのようなものだったのでしょうか?

一緒にチェックしていきましょう!

 

販売していた情報商材とは?

まずは、youtuberのヒカルさんが販売していた『情報商材』についてもチェックしていきましょう。

『情報商材』とは、インターネット販売される情報コンテンツのことを指します。

『身長が大きくなる方法』や『ナンパの仕方を教える方法』など、その内容はものにより異なりますが、そういった内容をまとめて学びを得ることができるものが『情報商材』と言われているものです。

みなさんも、ネット上をうろちょろしていると何かしらに出会ったことがあると思います。

これは無料ではなく、有料でやりとりされる情報の教材のことを指しています。

 

そんな中、ヒカルさんが販売していた情報商材は、『お金の稼ぎ方を教える』タイプの情報商材でした。

具体的には、ブログアフィリエイトで広告収入を得ることができるようになるためのノウハウを学ぶことができる「下克上」という商材です。

しかし、この情報商材自体には詐欺要素はありません。

 

実際に、私もこの「下克上」を過去に購入し、勉強したことがきっかけとなり、今もアフィリエイト収入を得て生活することができています。

内容はWebサイトの作り方やブログ記事の書き方やアクセスの伸ばし方、ASPとの提携やアドセンスでの報酬の伸ばし方など、アフィリエイトで報酬を伸ばす上で必要な内容を網羅しています。

価格も良心的で、2万以下の金額で購入することができるものでした。

 

では、なぜ、youtuberのヒカルさんがこの情報商材を販売するビジネスは詐欺ではないのか?と言われているかというと、実は、この情報商材を販売するときにヒカルさんが付加価値としてつけていた『特典』に問題があったからなんだそうです。

情報商材詐欺というと、販売している情報商材自体に問題があるように聞こえてしまいますが、実際のところ、その情報商材を販売するためのヒカルさんの売り方に問題があったということです。

 

詐欺と言われる販売方法とは?

youtuberのヒカルさんは情報商材「下克上」を販売する際に、魅力的な特典をつけていました。

これ自体は、一般的な手法です。

情報商材を売る際にはユーザーの購買意欲を掻き立てるために、多くの販売者が情報商材に特典をつけるのはよくあることなんです。

その教材をより活用できるための解説教材や、ツール、コンサルティングサポートなどをつけることで、購入者が買いたくなるような特典をつけるのが通例です。

その販売者オリジナルのコンテンツなども得ることができますので、購入者としても、こういった特典がついている方が魅力的に感じられますし、その販売者から購入しないと得ることができないコンテンツなので、購入しようという気持ちも盛り上がります!

 

ヒカルさんがつけていた特典は”90日間のコンサル権利”でした。

『今なら、サポート期間を30日から90日に延長する』・・・というような内容だったようです。

 

ヒカルさんのブログを読んでいる時点で、『自分もヒカルさんのように稼ぎたい!』と思う人が集まっていますので、『ヒカルさんから直接サポートしてもらえるのであれば、自分でも大丈夫かも!』と思って購入する人も多いです。

 

しかし、実際に購入してみたところ、ヒカルさんは、この90日間のコンサルをしっかりと行なっていなかったのだそうです。

 

サポート特典を使って、メールでお問い合わせをしてみても、返信は返って来なかったんだとか・・・。

これを頼りにして購入を決意した購入者からしたら、確かに詐欺行為を受けた気分になりますよね!

こういった行為のせいで、ヒカルさんは、情報教材を販売していた際に詐欺を行なっていたという情報が、ネット上で拡散しているというわけです。

 

メールマガジンの内容をパクって資産を増やしていた?

しかも、この当時ヒカルさんはこれに加えて業界では有名なみんてぃあさんのメールマガジンの内容をパクって、それをさもオリジナル文章のように流していたんだそうです。

そのメールマガジンは、先ほどご紹介した情報商材「下克上」を購入してくれた人に流す購入者限定に向けた内容でした。

文言を実際に見てみると、言葉選びも文章の流れもかなり似通っており、パクっていると言われてもしょうがないような内容でした。

 

しかも、メールマガジンだけでなく、ヒカルさんは自身の情報商材でもパクリ行為を行なっていたのだそうです。

「下克上」と別で販売していた情報商材の『進撃のアナザーワールド』も同じく先ほどメールマガジンをパクったとご紹介しました、みんてぃあさんオリジナルの情報商材『新世界アフィリエイト』の内容をパクっていたと言われています。

これはなかなか悪質ですよね。

 

こういった行為の積み重ねで、詐欺師という印象が強くなっていったようです。

 

youtuberのヒカルもその行為に対して公式に言及してる?

情報商材,ヒカル,逮捕

youtuberのヒカルさんは、こういった情報商材を販売していた当時のビジネスへの向き合い方について、対談で公式に言及していました。

 

そこでは、ヒカルさんは『当時はお金を稼ぎたいということしか考えておらず、お客さんを満足させようということは考えられていなかった。』という内容を語っていました。

しかし、今は、数々の経験を経て、『お客さんを満足させるのが結果的にはお金に繋がっていく。お客さんが満足するからお金が貰える。』ということに気づいたと、考え方を改めるようになったのだそうです。

 

確かに、付けた特典を全く実践しなかったり、人の資産とも言えるメルマガの内容を丸パクリしてお金もうけをしていた当時のビジネスに対する向き合い方も、このような考え方があったのなら納得ができるところもありますね。

今は、考え方を改めてビジネスを行なっているようですが、当時はこういった考え方がベースにあったから、このような詐欺と言われるような仕事をしてしまったようですね。

 

 

このときの情報商材のときの行為をヒカルさんは『法を犯したことは無いが、グレーゾーンな行いをしたことはある』と述べているようです。

 

youtuberヒカルのVALU大炎上とはなんだった?

情報商材,ヒカル,逮捕

冒頭でさらりとご紹介しましたが、youtuberのヒカルさんの名前をより広く知らしめたのがこのVALU大炎上事件でしょう。

VALUは2017年5月にスタートした若いサービスで、ビットコインを使った擬似的な株式を発行することで、価値を売買できるというというサービスです。

 

youtuberのヒカルさんはこのVALUを2017年の8月10日にyoutuber仲間のラファエルさんやいっくんさんと開始しました。

それをyoutubeやSNSなどでも発信することで、それを見たファンがVALUを買うことが多くなり、注文が続くという結果に繋がったのです。

 

しかし、8月15日に、ヒカルさんたちが告知をせずに所持していた全てのVAを売りに出して、それまで高騰していたVAが暴落してしまったのです!

仲間のラファエルさんやいっくんさんも同時期に全VAを売りに出していたので、VALU保有者のほとんどが大損をしてしまうという形になってしまったんです!

自ら高騰を作り出し、売却したことで数千万円の利益を得たという事実も発覚し、株主からヒカルさんたちへの批判が殺到し大炎上になってしまったという流れです。

 

しかも、大量売却だけ出なく、特に悪質だと騒ぎになったのは、ヒカルさんたちが自分のページ内に掲載していたVALU保有者が受けられる優待特典についての記載を削除していたという事実です。

優待でVALUを購入することを煽っていたという風に判断できる行為をしていたのに、その事実を隠すように削除していたことから、悪質に市場を操作していたのでは無いかと言われているというわけです。

しかもヒカルさんたちが所属する会社のVAZの顧問の井川氏もこのVALUの暴落直前に高値で売り抜けていたという事実を踏まえると、これはインサイダー取引ではないかという疑問の声が上がっているのが現状なのです。

 

VALU大炎上に対して、ヒカルはどのように対処した?

こうなってくると、VALU大炎上に対して、ヒカルさんはどのように対処したのかも気になりますよね。

大騒動になってしまったことを受け、ヒカルさんは2017年の8月17日にTwitterでコメントを発表しました。

それではその内容を細かく見ていきましょう。

 

動画の趣旨の説明

まず、今回の動画の趣旨ですが、これは「自分たちの価値を比べて、誰が一番価値のある人間かを競う」という企画であり、利益を得るためのものではなかったのだそうです。

お騒がせしてしまったことに対して関係者に謝罪の言葉を発表していました。

 

利益は返還するということ

そして、自分や自分の仲間がこのVALUで得た利益を過去最高値で“自社株買い”を行うことで、謝罪を行動で示していました。

また、「わざわざ数千万のために自分の信用を落とすような小銭稼ぎはしません」というコメントも発表しています。

 

「優待」の表記とインサイダー取引の有無について

また、ヒカルさんたちが自分のページ内に掲載していたVALU保有者が受けられる優待特典を記載した経緯と、削除していたことに対する件についても、その理由を説明していました。

このVALU保有者が受けられる優待特典は『初期設定時に入力していた優待履歴がタイムラインに残ってしまっていた』というだけで、VALU販売開始時点では記載はなかったと説明しています。

 

そして、ヒカルさんたちが所属する会社のVAZの顧問の井川氏とのインサイダー疑惑については、「僕たちが井川さんと連携して、井川さんに儲けさせたかのような事実はありません」とコメントしています。

 

VALU側はどのように対応したの?

これだけの騒動になったのですから、VALU側の対応も気になりますよね?

VALU側はヒカルさんたちのコメントの前日の8月16日に、ヒカルさん達の騒動についてサイトで対応を発表しました。

内容としては下記の通りです。

  • 利用者保護の観点から、3人のVAに対する現在の売買注文を全てキャンセルするということ
  • 一連の取引で発生した手数料収入は、VALUと同様のミッションを掲げる組織に寄付すること

 

実際に、ヒカルさん達と井川氏のアカウントには「このアカウントの出金を停止しています」という文章が表示されている状態になっており、VAの換金は停止状態になっています。

 

VALU騒動はインサイダー取引と認められるものなの?

実際のところ、今回の件は法的な問題には発展していないようですが、これはインサイダー取引として認められるものなのかどうかも気になるところですよね。

結論としては、ある弁護士さんによると、VALUは特定有価証券等に該当しないので、インサイダー取引規制の対象にはならないとのことです。

 

 

詐欺罪にあたるかどうかについても、該当する可能性はありますが、VALUの内容が特殊で、取引にVALU社が介在し、決済にビットコインを使用するので、要件をしっかり立証するのは難しいとのことです。

 

 

youtuberのヒカルは逮捕されたことがあるの?

情報商材,ヒカル,逮捕

このようなことを繰り返しているとなるお、実際にヒカルさんは逮捕されたことがあるのかどうかも気になってきますよね。

ネット上には警官に囲まれてパトカーに入る瞬間のヒカルさんの姿の画像なども拡散されており、逮捕歴もあるのではないか?と思わされてしまいますが、実際のところ、その画像は、加工されたもので事実では無いようです!

逮捕されたという事実はないという認識でいいようです。

 

youtuberのヒカルが情報商材詐欺で逮捕?販売していた情報商材とは?まとめ

情報商材,ヒカル,逮捕

今回は、youtuberのヒカルさんは過去に情報商材詐欺で逮捕されていたのか?そこで販売していた情報商材とはどんなものなのか?をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

youtuberとしてのヒカルさんしか知らなかった人からしたら、驚きの事実もあったかもしれませんね。

今後も色々な活動を続けていくと思われますので、今後もヒカルさんから目が離せませんね!

 

SNSでもご購読できます。