休みたい時に休める職業をピックアップしてみた!

休みたい時に休める職業

『会社を辞めたい』とか『仕事に行きたくない』など、働く人の中には深刻な悩みを抱えていることもありますよね。

その大きな原因の一つが『休みがない』というもの。

  • 有給が取れない
  • 休みたい時に休めない
  • そもそも休みがない

などなど、仕事をしていく上でプライベートな事情とバランスを取ることは非常に難しいのが現状です。

そんな中で『休みたい時に休める職業』はあるのでしょうか?

ここでは休みたい時に休める職業をピックアップしつつ、リアルな現状を検証していきます。

 

休みが多い職業にはどんなものがある?

職業 休日日数
製造系 − 研究開発 134.1
製造系 − 設計/開発 134.0
営業系 − MR 133.0
製造系 − セールスエンジニア 132.4
事務系 − 翻訳/通訳/英文事務 131.8
システム系 − 社内情報システム 130.3
企画・管理系 − 経営企画/事業企画 130.2
製造系 − 生産技術/生産管理 130.1
企画・管理系 − 人事  129.7
企画・管理系 − 購買  129.4


参考:https://doda.jp/guide/ranking/059.html

社会人として生きていくためには働かなくてはいけないのが現状ですが、今では過去の『仕事が一番』という時代ではなくなり『プライベートが最優先』という風潮に変わりつつあります。

“働き過ぎ”による悪いニュースを始め、職場での人間関係や仕事内容の“黒い部分”が世の中全体に知られ始めたことも要因の一つでしょう。

 

そんな中でも、上の表のように比較的休みが多いとされる職業があります。

ただ、ちょっと見ただけでは具体的にどんな仕事なのかわからないところもありますし、学歴や高い技術が必要そうな印象もあるのではないでしょか。

また、『休みたい時に休める職業』を探している人を考えてみると、ただ単純に休みが多い職業を探しているわけではないでしょう。

 

休みたい時に休めてる?現状はどう?

休みたい時に休める職業

実際に『休みたい時に休める職業』を探している人には、冒頭でもお伝えしたような人が考えられます。

  • 有給が取れない
  • 休みたい時に休めない
  • そもそも休みがない

このように、仕事内容や責任の重さ、人間関係に気を遣うことで『休みたくても休めない』という想いがある。

このことに“よりリアルな声”を挙げて人は一体どんな人がいるのかというと、以下のような人たちが多いのが現状です。

急に休んでも大丈夫な職種って何がありますか?

今パートを探してるんですが、私には小さい子供が3人いて子供が病気になったりすると仕事を休まないといけません。

ほとんどの仕事は急に休むと困るような仕事ばかりだと思うんですが、急に1人休んでも大丈夫なような職種などはどういうものがありますか?

 

休みたい時に休める職業なんて

実際に入社してみないとわからないよね。

ある意味、運じゃない?

 

大丈夫な会社なんかないんだよ!
我慢、負担してんだよ!

 

気兼ねなく休んでいいよ→社交辞令
休むなよ!→日本人としては常識

 

急に休んでも大丈夫な仕事は無いと思う。
大丈夫じゃなくて、理解がある寛容、主婦が多くてお互い様的な感じで誰かしら迷惑は被るよ。

ネット上の声がメインではありますが、『休みたい時に休める職業』を探している人にはいくつかの特徴がありそうですね。

  • 子供を持つ家庭
  • 女性が多い
  • 家族の介護をしている
  • 働いていて休めていない現状がある

などなど。

ほとんどの場合、主婦の方にこういった状況が多い印象があります。

日本人は仕事のしすぎ。休憩時間でもお客様の対応したり優しすぎる人種だから、私の職場は働き方改革中で休憩時間はレシーバーを耳から外さないといけなくなった。外すのに抵抗あるけど外さないと怒られるから外すけど外すのがイヤ。
こんな自分がイヤになるけど、つくづく自分が日本人なんだなーと思う。

しかし、このようにすべての人がそうではなく、“働く世代”として活躍されている人も『休む』ということに少なからず疑問をいだいていることは間違いありません。

このような状況の中で、『休みたい時に休める職業』なんて実際にあるのでしょうか?

まずは一般的にそのような傾向のある職業についてみていきましょう。

 

工場系の職業

工場系の仕事は比較的休みが多い傾向にあります。

特に大手は立場上、きちんと休みが取れる仕組みが整っている印象がありますが、工場系の仕事であれば中小企業でもちゃんとした休みが取れることも多いでしょう。

この理由は、お盆や正月など日本人が休む期間、つまり暦に合わせて工場の稼働を停止するからです。

家庭を持つ方にとっては、子供の学校などの休みとも重なるため働きやすい印象がありますね。

またこれは、こういった期間に有給をちゃんと消化させという意味もあると思います。

 

食品メーカー系の職業

食品メーカーも大手企業であることが多く、何より信用が大事です。

食品は衛生面でも敏感な世の中で、少しでも印象が悪いことがあると、商品にも大きな影響が出やすいですよね。

なのでブラック企業であってはならない、という風潮は強いですし、残業もなく休みもちゃんと取れるようですよ。

 

伝統(歴史)のある会社

お伝えしたように、大手の会社はちゃんと休みが取れる仕組みを整えていることが多いです。

大企業であるということは、それなりに歴史も深く信用度も高いわけで。

そこまで成長できたのも、社員を大事に扱ってきた証拠でもあります。

  • 定時で帰れる
  • 有給が取れる

など、いわゆる“ホワイト”な労働環境を提供しているのです。

 

NTTデータなどのIT系の職業

表で示した通り、一般的な印象とは少し違いIT系の職業は休日がしっかりと取れるところが多いようです。

時期や会社によって左右される部分はもちろんあるとは思いますが、定時で帰宅することが可能なところも多いようです。

昔ながらの働き方にとらわれず、フレックスタイムなどの導入も増えている印象です。

 

休みたい時に休める職業

休みたい時に休める職業

休みの多い職業や、その傾向についてお伝えしましたが、より具体的に休みたい時に休める職業をご紹介していきます。

やはり、家庭を持つ主婦の方がこういった職業を探している傾向が強い印象です。

 

工場で検査の職業

まずは工場系のお仕事。

工場系の仕事は多くの人が働いていること多く、まず人数に余裕があります。

例え一人休んだとしてもそこまで影響がなく、ある意味気軽に休むことが可能でしょう。

そういった印象も強いことから、主婦や年配の方が働いていることも多く『お互い様』という認識があることも多いようです。

また納期もギリギリの状態でこなしていることはないでしょうし、常に在庫としてして作業するでしょう。

 

例え家族の急な用事や、子供の急な病気(例えばインフルエンザなどの感染症)や学校の振替休日などでも当たり前のように休みを取ることも可能です。

あくまで『家族・子供優先』という考えの元、採用を募集しているところも多いようです。

休んだ分給料が減ることや、そういったところが全てではないことは確かですが、安心して仕事をこなしていける職業の一つではないでしょうか。

余計なプレッシャーがない、ということは働く上でかなり重要なポイントですよね。

工場派遣。工場自体は休まれると困るよ。やるラインがシフトで決まってたりするし。派遣でも昼間は前日の夜9時までに連絡しなきゃいけなかったりだけど。夜勤だと当日の夕方までに連絡すれば問題ないし。派遣だと他にも登録者いるから、休んでも代わりがすぐ見つかる。でもまぁ工場によってだよね。

昔働いてた工場は、私1人しかその役割がいなくて、仕事の進み具合によって休めたり休めなかったりだったし。

一方で、こうした意見もあるので、参考までに。

 

食品加工の職業

こちらも工場での職業に類似しますが、やはり食品系の職業は多くの人数で働くことが多く、特に低賃金で雇えるパート募集が多いです。

流れ作業でもなく、例えば100人くらい一斉に同じ作業をするところもあるため、誰かが休んでも影響度も低いことが多い。

逆に、休んだ人の分、『残業ができる』と喜ぶ人もいるようで、低賃金でもちゃんと残業代がつくホワイトな運営がキモになっているのでしょう。

 

物流倉庫での職業

物流に関しても様々な職業が考えられますが、もちろん工場での勤務も有り得ます。

ものを仕分けしたり運ぶ仕事がメインで、多くの人数で働くため、休んでも目立ちません

 

スーパー・ドラッグストアの商品仕分けの職業

店舗に関しても、仕分け系の仕事には人数を多く要します。

なので、仕事内容も難しいものは少なく、休むことに対しても寛容であることが多いようです。

パート募集も多いですし、最寄りの店舗は多いので探しやすい職業でもあります。

 

コールセンターの職業

コールセンターではパートや派遣として働いている人も多いです。

時給こそそこまで良いわけではないようですが、人数を多く抱えているところもあるので休みも取りやすいでしょう。

ただ、全てのセンターが人が多いわけではないし、人が多くても勤怠厳しいセンターもあのが現状です。

 

飲食店の職業

ファミレスや個人営業などの飲食店。

場所によるところはありますが、パートとして働く分には休んでも問題ない体制を取っていることでしょう。

子供の熱などによる急な休みや早退はもちろん、台風などで学校や保育園が急に休みなどになった場合も休みにして頂けます。本当に助かってます

と言っている人もいれば、『誰かが休んだ場合はひつこく代行を頼まれる』といったこともあるので、面接時や募集文言などを事前に確認しておくべきでしょう。

 

教育関係の職業

学校関係や保育関係は子供への理解度も高いので、急なお休みでも快く承諾してくれる傾向があります。

幼稚園教諭ですが、元職場へパート戻りした頃、同じ子どもを触れる職場だったので、子どもの行事や病気などに非常に理解があって、ほんとに恵まれてました。

といった方もいるわけですが、そうでない場合ももちろんあるでしょう。

職場の環境や人間関係によるところもあるということですね、

 

警備員の職業

警備員は意外と狙い目な職業。

あまり知られていませんが、警備員は休みが多くて残業が少ない上に給料もいいです。

しかも、最初の方は会社のお金で研修をしながら給料をもらえます。

女性の方にとっては多少抵抗のある部分もあるかもしれませんが、自分にとってできそうな警備員の職業であれば狙い目かもしれません。

 

フリーランス

近年、知名度も上がり始め、その働き方も認知されるようになってきた『フリーランス』。

ただ、その明確な定義についてまだよく知らないという方も多いでしょう。

 

『フリーランス』とは、会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のこと。

  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • カメラマン
  • デザイナー
  • ライター

などなど、クリエイティブな職業を始め、自分が得意とする仕事を自分自身で受注することで報酬を得る働き方のことになります。。

その契約は個人とのやり取りや企業と交わすこともあるでしょう。

 

もっというなら、個人事業主や法人として活動することになり、全て自分の責任で仕事をしていく職業となります。

働く時間やもらえる給料も全部自分次第であり、当然『休みたい時』の判断も自分で決めることに。

これを良しとするかどうかは完全に個人の考え方次第でもありますが、基本的には『自由に仕事ができる』ということも。

『雇われる』・『使われる』という感覚はなくなるため、人間関係や時間の拘束は一切ないですね。

 

今ではインターネットを活用し『アウトソーシング』という仲介を利用して比較的簡単にお仕事を受注することが可能ですので、日々の報酬金額に悩むことも少ないでしょう。

前述したような特別なスキルがなくてもこなしてくことのできる職業もありますので、このような『在宅でできる仕事』で手堅く稼ぐことも可能な時代になっています。

>> 自宅で手堅く稼ぐ方法

 

スマホで稼ぐ方法

こちらもフリーランスに近いと思いますが、フリーランス同様『インターネット』を利用してパート代やお小遣いを稼ぐことはとても簡単になっています。

場所や時間を気にすることなく、片手間で自分のペースで稼ぐことができる。

当然、正社員として雇用されるわけでも、時給制でもないので、稼げる金額は自分次第。

仕事はしたいけど、時間的にも場所的にも都合がつきにくい状況である方は一度試してみても良いかもしれません。

>> スマホアプリだけで稼ぐ方法

 

ブログで稼ぐ

『在宅で稼ぐ』という職業を選択したい方は、内職なども良いでしょう。

ただ、内職はあまりにも単価が安く、収入を安定させるという意味ではあまりおすすはしません。

もちろん、個人的な意見ではありますが、内職を選択するのであれば『ブログで稼ぐ』という選択肢も視野に入れてみることをおすすめします。

なぜなら、ブログは一度仕組みを作りあげていけば、報酬はどんどん伸びていくお仕事だからです。

自分の得意や『好き』を活かすことが可能ですし、サラリーマンのお給料より稼いでいる人はかなり多いのが現状です。

こちらも『インターネット』を活用して取り組むものですが、興味のある方は参考にしてみてください。

>> ブログでの稼ぎ方・仕組み

 

会社をどうしても休みたい時に考えておくべき6つのこと

休みたい時に休める職業

休みの多い職業や休みたい時に休める職業をご紹介してきましたが、結局のところ職種で決まるというよりは、『職場で決まる』ところがあるのではないでしょうか?

以下でご紹介する『休みたい理由』を明確にすることや、周りの環境を整えること、整った職場を選択することも重要になってきます。

 

有給休暇の権利はある

本来、労働者の権利としては『休みたい時に休める』のです。

その理由は問われませんし、会社側が理由に応じて休みを許可しないということは基本的にできないのです。

ただ、会社側にも雇用者に対して権利がないわけでもありません。

会社側は社員が申請した有給休暇に対して『時期変更権』を行使することもできます。

 

時期変更権とは、会社が社員に有給休暇の取得時期をずらして与えるという権利のこと。

社員が休むと会社のシステムがうまく回らなかったり、サービス維持が難しかったりする場合に使用することが可能です。

この権利が行使された場合、希望のタイミングで有給休暇が取れない可能性はあることを知っておきましょう。

だからこそ、結果的に『休みたい時に休めない』という状態が発生してしまうわけですね。

 

体調不良の時

風邪をひいてしまったり、何かの病気・怪我などは仕事を休む理由になります。

発熱や感染症、怪我などは予想することが難しいものでもありますし、休めないという事自体がおかしな話になってきます。

例えばインフルエンザなどの感染症にかかった場合はそもそも出勤してはいけませんし、各社で就業規則があるはずですので、そこに従う必要があるのです。

もちろん、『診断書』などが必要になるケースもあるので、体調不良で絶対に休みたい場合は視野に入れておくと良いでしょう。

 

冠婚葬祭

こちらも会社側とすては断りようのない事情。

ただ、結婚式などの場合は予定が早めに決まるはずなので、休む側もできるだけ早い段階で報告した方がいいです。

 

また、家族や親族の不幸で葬儀に出席する場合も休暇を取れるはずです。

この場合は有給休暇ではなく、慶弔休暇という制度を別途設けている企業もあります。

慶弔休暇が取れるかどうかは、亡くなった人と自分との関係によって変わりますので、会社に確認しておきましょう。

 

休みを取りやすい人間関係を築いておく

一番大事なのはここ。

前述したように、休みたい時に休めるかどうかは『人』できまります。

要は、職場の雰囲気やあなたの周りの人間関係によって決まるということ。

人間は機械ではなく、感情があるため、人に対する印象で判断することだってあるのです。

 

つまり、普段の行いによっても左右されるということ。

日々一生懸命に仕事をこなしていくことはもちろん、周りの人を助けている人は自分が困った時にも助けてもらえるでしょう。

結局は信頼関係になるわけです。

 

嘘や仮病を使わない

反対に、普段から仮病を使ったり、業務も手を抜きがちな人を『助けてあげよう』とは思えませんよね。

休みたい時にその理由は伝えるべきですが、嘘は良くありません。

嘘はいつか必ず気付かれるものですし、それこそ信頼関係に関わるものです。

ゆくゆくは『嘘をつく人間は使いたくない』というところまできてしまうでしょう。

前述したように、周りの人から信頼を得られないと、本当に困ったときに休みを取りにくかったり、同僚の手助けが得られないことも考えられます。

 

無断欠勤をしない

最悪の場合、何も言わないで仕事を休むのは絶対にやめましょう。

自分が誰かにお願いごとをしていたとして、それをアテにしていたとしたら、勝手に休まれては全てが台無しですよね?

たとえ休む理由や言い訳を考えるのが面倒でも、無断欠勤だけは絶対にしてはいけません。

トラブルの原因にもなりますし、当然その先の自分自身への信用にも関わります。

遅刻に関しても連絡を入れずにしてしまうのも良くありませんよね。

 

休みたい時に休める職業まとめ

休みたい時に休める職業

誰でも家族や自分の都合でどうしても休みたい時は必ずあります。

ただ、休みをもらう時の姿勢や態度も大事にするべきです。

それだけではなく、日々の行動によっても休みの取りやすさは変わってくるでしょう。

きちんと誠意や感謝を示すことは働いてい行く上では必要になってきます。

もちろん、ここでご紹介した職業を参考にしていただいて、これからの生活に役立てていくことも重要ですが、まずはこれらのことも考えながら選択するといいですね。

その中で、あまり人間関係を気にしたくないということであれば、やはり在宅でフリーな働き方がおすすめです。

~PR~

私のメンターのメルマガに登録すると30万以上の高額塾でも販売していない教材が無料でもらえるようです!!


※期間限定無料でプレゼントをゲットしよう!!


今すぐ無料で入手する!

SNSでもご購読できます。